人生にゲームをプラスするメディア

カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α

モバイル・スマートフォン 全般

カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
  • カプコン、『ロックマン』『ロックマン2』を携帯3キャリア向けに完全移植+α
カプコンは、4月の『ロックマン』シリーズアプリの配信予定を公開した。Docomo端末には『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』が、au、SoftBank向けには『ロックマン』がそれぞれ新たに配信開始される形となる。

まず、Docomo端末用アプリ配信サイト「カプコンパーティ」では、4月1日より『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』を配信。1988年に発売されたファミコン版を完全再現し、さらに携帯電話アプリ用に難易度などを再調整、おまけ要素も加えた「完全版+α」な内容となっている。

またau、SoftBank端末向けには、4月3日、4月1日にそれぞれ、新たに『ロックマン』が配信開始となる。本作はおなじみ『ロックマン』シリーズの第1作目を完全再現したもので、こちらもやはり「完全版+α」のおまけ付きとなっている。主人公・ロックマンの妹であるロールちゃんでプレイすることも可能となっているなど、ファンには見逃せない内容だ。

当時は「激ムズ」で知られた作品だが、上記『ロックマン2』同様、携帯電話向けに難易度などを再調整してあるとのことなので、まだプレイしたことがない人はこの機会にぜひ遊んでみてほしい。

◆『ロックマン2 Dr.ワイリーの謎』アプリ概要
サイト名:カプコンパーティ
対応機種:FOMA703〜、901〜(一部非対応)
配信日:4月1日(火)
情報料:月額315円(税込)
アクセス方法:[iMenu]→[メニュー/検索]→[ゲーム]→[ミニゲーム]→[カプコンパーティ]

◆『ロックマン』アプリ概要)
サイト名:とりきり★カプコン
対応機種:BREW3.1対応機種
配信日:4月3日(木)
情報料:1ダウンロード315円(税込)
アクセス方法:[au oneトップ]→[カテゴリ検索]→[ゲーム]→[総合]→[とりきり★カプコン]

◆『ロックマン』アプリ概要
サイト名:ロックマン
対応機種:SoftBank3G対応機種
配信日:4月1日(火)
情報料:1ダウンロード315円(税込)
アクセス方法:[Yahoo!ケータイ]→[メニューリスト]→[ケータイゲーム]→[アクション]→[ロックマン]
Gpara.com

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. シール・サーティーン、ディシジョン・スタート!「DX エクスカリバー・プロト」がまさかの商品化!?

    シール・サーティーン、ディシジョン・スタート!「DX エクスカリバー・プロト」がまさかの商品化!?

  2. 「Fate/Grand Order Fes.2017 2nd Anniversary」等身大サーヴァント「英霊正装」パネルを写真で一挙紹介!

    「Fate/Grand Order Fes.2017 2nd Anniversary」等身大サーヴァント「英霊正装」パネルを写真で一挙紹介!

  3. 『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に―オフラインイベントのトラブルについて謝罪も

    『ポケモンGO』一部伝説ポケモンは期間限定に―オフラインイベントのトラブルについて謝罪も

  4. 『ポケモンGO』イベントボーナス期間延長!7月28日午前9時まで、伝説ポケモンも出現

  5. 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』8月22日に配信決定!

  6. 『ポケモンGO』に“伝説のポケモン”ルギアとフリーザーが! ファイヤーやサンダーも近日登場

  7. あのホラーPCゲームを完全リメイク!『青鬼』iOS/Android向けに配信開始

  8. 『ポケモンGO』遂に伝説のポケモンが登場!ルギア/ファイヤーなどにみんなで挑め!

  9. 【レポート】重大発表続々の『アルケミアストーリー』発表会、プラネタリウムで見る360°PVに思わずため息が…

  10. 【特集】原作者から「やりすぎ」のツッコミも―原作愛から産まれた『リ・モンスター』の“これまでとこれから”

アクセスランキングをもっと見る