人生にゲームをプラスするメディア

本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場

PCゲーム オンラインゲーム

本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
  • 本日15時オープンβ開始!『MFO』発表会に里田まいさんが登場
ゲームポットは25日、テクモと共同開発中のオンラインゲーム『モンスターファームオンライン(MFO)』の発表会を行いました。オープンベータテストは26日 15時から予定されています。その前日となった本日のイベントでは、ゲームの紹介や開発に至った経緯、今後の展開などについて、担当者の口から紹介されました。



ゲームポット代表取締役社長 植田修平氏は、「オリジナルのよさを残しつつ、オンラインならではの新しい要素を取り入れました。テクモが開発を行ない、ゲームポットが運営をするという、いままでにない枠組みでサービスを行ないます。本日の発表会には多くの報道関係者に来場いただきましたが、このタイトルへの期待度の現れだと感じます。大きさで身が引き締まる思いです」と挨拶を述べました。

26日から始まるサービスについては、「プレイ料金無料のアイテム課金方式です。人気コンシューマーゲームの無料化なので、多くの人に楽しんでほしい。また、いままでゲームポットは他社とは違うキャンペーン展開をしてきましたが、もちろん本作でも考えています。期待していてください」と、今後の展開にも気になる発言をしました。



続いて開発を担当したテクモの代表取締役社長 安田善巳氏が登壇し、『モンスターファーム』シリーズの思い出を語りました。「11年前に第一作目を作ってから、10年の間、着実にタイトルナンバーを進めてきました。そして、家庭用ゲームとしてはシステムが完成しかけていた時期に、オンライン化の開発が始まりました」。また、開発のすべてをテクモ社内で行なっているようで、「オンラインのサーバーやシステムなどをイチから開発したので、『モンスターファーム』らしいゲームにすることができた。私も触ったが、モンスター同士の触れ合いを感じられ、毎日遊んでも飽きないゲーム。育成には癒しの要素もあります」とセールスポイントを紹介。
ゲームポットとタッグを組んだ件については、「ゲームポットは競争が激しいオンラインゲーム業界で確固たる地位を築き上げている優良企業。植田社長と会ったときに、日本のオンラインゲーム市場を一緒に盛り上げていこうと意見が一致して、本作で協力し合う関係になりました」と語りました。



ゲーム本編の紹介については、ゲームポット 運営プロデューサー 坂本慎治氏が行いました。『モンスターファーム』シリーズは、いままでに13作品が発売されており、それらの作品の映像がスクリーンに映し出されました。この映像を流した後に坂本氏が本作の特徴をアピール。

坂本氏が挙げた本作の特徴は、「生み出す、育てる、競わせる」の3つでした。「本シリーズはCDやDVDからモンスターを生み出すのが特徴です」と前置きをした上で、「一般的なパソコンには光学ドライブが登載されているので、誰にでも簡単にモンスターを作り出せます」と、本作とパソコンの相性のよさを紹介しました。ふたつめの「育てる」については、モンスターの育成方法によって、さまざまな形状に変化していきます。坂本氏はモンスターが太ってしまった例を挙げて解説しました。そして最後の「競わせる」については、「オンラインならいつでも友だちと会えるし競えます。オンライン育成コミュニティを形成してもらえるでしょう」と語りました。



続いてゲームの核とも言える「育てる」について、開発プロデューサー 高崎俊行氏が解説しました。スクリーンには『モンスターファーム』シリーズでおなじみのモンスター"ライガー"が映し出されました。高崎氏は、「ライガーを普通に育成したのでは、いま写っているようには育ちません。これは、角が伸びるような育て方をした結果です。本作でモンスターに与える餌は、栄養素や色素などが設定してあります。与えた餌によってモンスターが変化するので、ユーザーは与える餌を考える必要があります」と、育成する楽しみについてコメントしました。
なお、現在本作に登場するモンスターは12体と発表されました。高崎氏は、「モンスターは今後も増やしていきます。オンラインゲームの開発はこれからが正念場。ひとりでも多くのプレイヤーに楽しんでいただけるようにがんばります」と締めくくりました。





■特別ゲストとして、自称"ゲームファン"の里田まいさん登場


《佐藤隆博》

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

    Steam版『ニーア オートマタ』半額セールが開催中!―シリーズ8周年を記念して

  2. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  3. グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

    グラフィック・システムあらゆる要素が劇的進化!『FFXV』をPCで改めてプレイすべき理由

  4. 新作MORPG『アルピエル』ってどんなゲーム?2週間プレイしてわかったこと

  5. PUBG Corp.が『荒野行動』など2作品に「配信/開発の差し止め」訴訟を提起【UPDATE】

  6. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  7. 【吉田輝和の絵日記】ロボットゾンビおじさんの『からかい上手の高木さん からかいシミュレーションゲーム』

  8. 台湾産けもの系BLゲーム『家有大猫 Nekojishi』が日本語に対応!

  9. アイドル事務所運営ストラテジー『Idol Manager』Kickstarter開始―業界の光と影描く!日本語にも対応予定

  10. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

アクセスランキングをもっと見る