人生にゲームをプラスするメディア

ファクター5、Wii向けプロジェクトを始動

ゲームキューブで非常に高い評価を受けた『スターウォーズ ローグスコードロンII』を開発した、ドイツの開発スタジオ、ファクター5(Factor 5)が少なくとも1つ以上のWii向けのプロジェクトをスタートさせたそうです。同社はゲームキューブの開発段階から参加した高い技術で知られ、任天堂とも親密でしたが、性能などを理由にPLAYSTATION3に注力する方針を示し、昨年末に『Lair(国内向けタイトル: RISE FROM LAIR)をリリースしました。

任天堂 Wii
ゲームキューブで非常に高い評価を受けた『スターウォーズ ローグスコードロンII』を開発した、ドイツの開発スタジオ、ファクター5(Factor 5)が少なくとも1つ以上のWii向けのプロジェクトをスタートさせたそうです。同社はゲームキューブの開発段階から参加した高い技術で知られ、任天堂とも親密でしたが、性能などを理由にPLAYSTATION3に注力する方針を示し、昨年末に『Lair(国内向けタイトル: RISE FROM LAIR)をリリースしました。

IGN Wiiによればファクター5社長のJulian Eggebrecht氏が「バーチャルコンソール」ではないWii向けプロジェクトがスタートしたことを明らかにしたということです。また、『スターウォーズ ローグスコードロン』の技術を単純に流用したような作品にもならないということです。Wiiはゲームキューブのアーキテクチャーを踏襲していて、ファクター5としては慣れたハードと言え、ゲームも期待できそうです。

ファクター5は当時コードネームRevolutionと呼ばれていた次世代機に『パイロットウィングス』を開発中と伝えられたこともありますが、これは中止になっており、全く別の新作になる可能性が大です。続報に期待したいですね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  5. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  6. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  7. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  8. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  9. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  10. 『Ninjala』メディア対抗戦にINSide/GameSparkも参戦、読プレと“あるかもしれない副賞”をかけて激突─1位の奪取を! もしくは見せ場を!【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る