人生にゲームをプラスするメディア

テイク・ツーが米国に新しい開発スタジオを開設―「2Kマリン」

米国の主要ゲームメーカーの一角、テイク・ツー インタラクティブは、「2K」レーベルの新しいゲーム開発スタジオ「2Kマリン」を米国カリフォルニア州ノバトに開設すると発表しました。

ゲームビジネス その他
米国の主要ゲームメーカーの一角、テイク・ツー インタラクティブは、「2K」レーベルの新しいゲーム開発スタジオ「2Kマリン」を米国カリフォルニア州ノバトに開設すると発表しました。

「2Kマリン」ではオリジナルIP作品に挑戦するほか、世界中のその他のテイク・ツーのスタジオとの共同開発などを予定しているとのことです。

「私達は引き続き最先端のゲームプレイを有した新しいゲームを提供していきます。2KマリンはトリプルA級のフランチャイズを生み出すと共に成長させていくでしょう」と2Kレーベル代表のChristoph Hartmann氏は述べています。

アクティビジョンがビベンディとの統合を決めるなど、一時は落ち着いていた再び米国のゲームメーカーは再編の季節を迎えています。テイク・ツーは『マンハント2』が残虐表現で各国の評価機関からクレームを受けるなど逆風にありますが、引き続き開発力の強化で生き残りを図っていくことになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

    待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

  4. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  6. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  7. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  8. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  9. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  10. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

アクセスランキングをもっと見る