人生にゲームをプラスするメディア

意欲作かつ好印象のアクションゲーム『NINJA GAIDEN: Dragon Sword』を体験

10日・11日に大阪南港のATCホールにて開催される「Games Japan Festa 2007」にて、テクモのニンテンドーDS向け『NINJA GAIDEN: Dragon Sword』がプレイアブルで展示されていましたので、さっそく触ってきました。今回プレイ出来たのはチュートリアル的に用意された「隼の里」という短いステージでしたが、軽快で感触の良いアクションゲームでした。

任天堂 DS
10日・11日に大阪南港のATCホールにて開催される「Games Japan Festa 2007」にて、テクモのニンテンドーDS向け『NINJA GAIDEN: Dragon Sword』がプレイアブルで展示されていましたので、さっそく触ってきました。今回プレイ出来たのはチュートリアル的に用意された「隼の里」という短いステージでしたが、軽快で感触の良いアクションゲームでした。

本作ではニンテンドーDSを横に倒して、文庫本スタイルでプレイします。左側の画面にはマップが、右側の画面には見下ろし型のフィールドが表示されます。

殆どの操作はタッチペンのみで行います。フィールドをタッチすることで、その方向にハヤブサが移動します。敵への攻撃は、その敵をタッチペンで横や縦に切るようにスライドさせることで、ハヤブサが攻撃します。遠くの敵を突くと手裏剣を投げ、ハヤブサの上で↑にスライドさせるとジャンプし、唯一ボタンを使う動作では、防御があります(どのボタンを押してもOK)。

動作の組み合わせによる攻撃も多数があり、ジャンプして切りつけたり、敵の上で↓↑↑と入れることで掴んで飛びあがって地面に叩きつけたり、色々です。梵字を書いて忍術を発動することもできました。

アクションゲームのキモであるレスポンスの良さ、敵をなぎ倒していく爽快感、操作性の良さ、短いプレイ時間の中でもそれを存分に感じる事ができるゲームでした。単純なタッチペンの動きで様々な攻撃が繰り出され、スタイリッシュにかっこよく楽しめます。

"DSが売れてるからシリーズを持ってきてみました"みたいな感じは全く無く、きちんとDSで楽しめるアクションゲームを追及し、文庫本スタイルにタッチペン一本というアクションゲームとしては異色なシステムを取り入れた意欲作でもあります。非常に好感触かつ、製品版をプレイするのが楽しみな一本です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

    『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  3. 『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

    『スプラトゥーン2』フェス「ヒーロー vs ヴィラン」はヒーロー派が多数!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  6. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  9. 【インサイドちゃんのゲーマー人生相談】『スマブラSP』で忙しすぎて困る

  10. 『スマブラSP』に『ペルソナ5』のジョーカーが追加コンテンツとして参戦!【TGA 2018】

アクセスランキングをもっと見る