人生にゲームをプラスするメディア

意欲作かつ好印象のアクションゲーム『NINJA GAIDEN: Dragon Sword』を体験

10日・11日に大阪南港のATCホールにて開催される「Games Japan Festa 2007」にて、テクモのニンテンドーDS向け『NINJA GAIDEN: Dragon Sword』がプレイアブルで展示されていましたので、さっそく触ってきました。今回プレイ出来たのはチュートリアル的に用意された「隼の里」という短いステージでしたが、軽快で感触の良いアクションゲームでした。

任天堂 DS
10日・11日に大阪南港のATCホールにて開催される「Games Japan Festa 2007」にて、テクモのニンテンドーDS向け『NINJA GAIDEN: Dragon Sword』がプレイアブルで展示されていましたので、さっそく触ってきました。今回プレイ出来たのはチュートリアル的に用意された「隼の里」という短いステージでしたが、軽快で感触の良いアクションゲームでした。

本作ではニンテンドーDSを横に倒して、文庫本スタイルでプレイします。左側の画面にはマップが、右側の画面には見下ろし型のフィールドが表示されます。

殆どの操作はタッチペンのみで行います。フィールドをタッチすることで、その方向にハヤブサが移動します。敵への攻撃は、その敵をタッチペンで横や縦に切るようにスライドさせることで、ハヤブサが攻撃します。遠くの敵を突くと手裏剣を投げ、ハヤブサの上で↑にスライドさせるとジャンプし、唯一ボタンを使う動作では、防御があります(どのボタンを押してもOK)。

動作の組み合わせによる攻撃も多数があり、ジャンプして切りつけたり、敵の上で↓↑↑と入れることで掴んで飛びあがって地面に叩きつけたり、色々です。梵字を書いて忍術を発動することもできました。

アクションゲームのキモであるレスポンスの良さ、敵をなぎ倒していく爽快感、操作性の良さ、短いプレイ時間の中でもそれを存分に感じる事ができるゲームでした。単純なタッチペンの動きで様々な攻撃が繰り出され、スタイリッシュにかっこよく楽しめます。

"DSが売れてるからシリーズを持ってきてみました"みたいな感じは全く無く、きちんとDSで楽しめるアクションゲームを追及し、文庫本スタイルにタッチペン一本というアクションゲームとしては異色なシステムを取り入れた意欲作でもあります。非常に好感触かつ、製品版をプレイするのが楽しみな一本です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

    『ポケモンGO』で突如出現した謎のポケモン「メルタン」の正体が明らかに―オーキド博士&ウィロー博士が研究開始!

  2. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  4. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  5. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  6. 『Ninjala』メディア対抗戦にINSide/GameSparkも参戦、読プレと“あるかもしれない副賞”をかけて激突─1位の奪取を! もしくは見せ場を!【TGS2018】

  7. 『ダイダロス:ジ・アウェイクニング・オブ・ゴールデンジャズ』12月13日発売決定─若き日の神宮寺三郎が活躍!

  8. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  9. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  10. 『無双OROCHI3』東洋水産とコラボ!「赤いきつね」か「緑のたぬき」が1年分もらえるチャンス

アクセスランキングをもっと見る