人生にゲームをプラスするメディア

【E3 07】MGSのドン シェーン・キム氏が語る「マイクロソフトゲームスタジオのこれから」

ゲームビジネス その他

E3では例年恒例となっている、マイクロソフトゲームスタジオ(以下、MGS)プレジデント兼マイクロソフトシニアバイスプレジデント、シェーン・キム氏とのインタビュー。これまでと同様、セッションは参加者とキム氏とのQ&Aに終始したが、今回、主なテーマとなったのはMGSのゲーム開発サポートと日本における販売戦略について。本稿では開発サポートに関する件と販売戦略の件をそれぞれまとめてお伝えしていく。



■『ブルードラゴン』開発に協力した『Age of Empire』シリーズのEnsemble Studio

06年度、最も注目したのがMGSと坂口博信氏(ミストウォーカー)ならびにARTOONとのコラボレーションで開発がおこなわれた『ブルードラゴン』。したがって、同作品の開発プロセスや日本人クリエイターとのコラボレーションの可能性などを中心に質問が展開された。『ブルードラゴン』は日本において、週刊少年ジャンプで『Blue Dragon ラルΩクラド』として連載されたり(既に終了)、テレビ東京系列でアニメが放映されたりとクロスメディア展開が進んでいるが、米国では8月28日にリリースされる予定だ。実はこの作品、『Age of Empire』で著名なEnsemble Studioもゲーム開発に協力していた。

Q:『ブルードラゴン』の開発でEnsemble Studioが協力したとのことですが、その経緯を教えていただけますか?

シェーン・キム氏(以下、シェーン):Ensemble Studioは『Age of Empire3』の開発を進める中で、非常に優れた水面描画技術の開発を進めてきました。それを見た坂口氏が、自分たちでそれを開発するより、その技術を導入しようと決定したんです。MGSとしては、このような形でコラボレーションが実現したこと、我々の技術を『ブルードラゴン』チームと共有出来たことを本当に嬉しく思っています。これは単に開発費を削減できたというようなことではなく、Ensemble Studioの開発した水面技術が本当に優れたものだからです。この技術の導入で、『ブルードラゴン』の作品の質も確かに高まったと思っています。


《中村彰憲》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

    ゲームを通してプログラミングを学べる「QUREO(キュレオ)」ーー事業者説明会からみる「プログラミング学習」の今とは?

  2. 今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

    今週発売の新作ゲーム『METAL GEAR SURVIVE』『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』『閃乱カグラ Burst Re:Newal』他

  3. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. 国産インディーゲームがクラウドファンディングを利用してローカライズ!『九十九神』開発者&ローカライズ会社インタビュー

  7. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 可愛いメイドさんとUnityが学べる講座に応募が殺到!―メイドさんのセカンドキャリアも支援する「MadeInMaidFamily」

  10. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る