人生にゲームをプラスするメディア

【E3 07】MGSのドン シェーン・キム氏が語る「マイクロソフトゲームスタジオのこれから」

ゲームビジネス その他

E3では例年恒例となっている、マイクロソフトゲームスタジオ(以下、MGS)プレジデント兼マイクロソフトシニアバイスプレジデント、シェーン・キム氏とのインタビュー。これまでと同様、セッションは参加者とキム氏とのQ&Aに終始したが、今回、主なテーマとなったのはMGSのゲーム開発サポートと日本における販売戦略について。本稿では開発サポートに関する件と販売戦略の件をそれぞれまとめてお伝えしていく。



■『ブルードラゴン』開発に協力した『Age of Empire』シリーズのEnsemble Studio

06年度、最も注目したのがMGSと坂口博信氏(ミストウォーカー)ならびにARTOONとのコラボレーションで開発がおこなわれた『ブルードラゴン』。したがって、同作品の開発プロセスや日本人クリエイターとのコラボレーションの可能性などを中心に質問が展開された。『ブルードラゴン』は日本において、週刊少年ジャンプで『Blue Dragon ラルΩクラド』として連載されたり(既に終了)、テレビ東京系列でアニメが放映されたりとクロスメディア展開が進んでいるが、米国では8月28日にリリースされる予定だ。実はこの作品、『Age of Empire』で著名なEnsemble Studioもゲーム開発に協力していた。

Q:『ブルードラゴン』の開発でEnsemble Studioが協力したとのことですが、その経緯を教えていただけますか?

シェーン・キム氏(以下、シェーン):Ensemble Studioは『Age of Empire3』の開発を進める中で、非常に優れた水面描画技術の開発を進めてきました。それを見た坂口氏が、自分たちでそれを開発するより、その技術を導入しようと決定したんです。MGSとしては、このような形でコラボレーションが実現したこと、我々の技術を『ブルードラゴン』チームと共有出来たことを本当に嬉しく思っています。これは単に開発費を削減できたというようなことではなく、Ensemble Studioの開発した水面技術が本当に優れたものだからです。この技術の導入で、『ブルードラゴン』の作品の質も確かに高まったと思っています。


《中村彰憲》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンターダブルクロス Switch Ver』『The Lost Child』『深夜廻』『新次元ゲイム ネプテューヌVIIR』他

  3. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

    【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  4. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. アンリアル・エンジン4に採用された物理ベースのマテリアル・システム・・・「Unreal Japan News」第72回

  7. 海を超えた本当の意味での共同開発が結実した『ドラゴンボールオンライン』(1)

  8. 【めざせクリエイター! Shadeで始める3DCG】第4回:3Dモデリングを教わってみた:Shade11実践編

  9. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  10. 年末年始、映画と一緒に楽しみたい『バットマン:アーカム・シティ』

アクセスランキングをもっと見る