人生にゲームをプラスするメディア

任天堂株が初の5万円台

ゲームビジネス その他

13日の株式市場で、任天堂の株価が初めて5万円を突破し、前日比+550円の50200円となりました。

ニンテンドーDSやWiiの好調と同期するように上昇を続けていて、2003年7月には9000円を切っていた任天堂の株価は3年間で5倍以上の値を付けるようになりました。13日の終値で換算した時価総額は7兆1100億円で、日本企業で第10位、9位の武田薬品との差は300億円です。

引き続きニンテンドーDSやWiiが好調ということに加えて、E3でも引き続き強さが発揮されていくという受け止め方をされたのが要因だと考えられます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

    県とプログラミング言語が一体となって盛り上がる!島根県とRuby【オールゲームニッポン】

  2. 【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

    【NDC2017】『HIT』のグローバルでの成長方法―各国の売上や人気キャラも明らかに

  3. 「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

    「A 5th of BitSummit」にゲームフリーク開発者ら登壇!公式サイトもリニューアルオープン

  4. 【NDC17】Amazon Game Studiosシニアプロデューサーが語る、『Breakaway』10の改善点とは?

  5. 「TOKYO SANDBOX 2017」にて、角川ゲームス/安田善巳氏の登壇が決定

  6. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. Nintendo Switchは真のeスポーツの扉を開けた【オールゲームニッポン】

  9. 「狼と香辛料」作者が送るVRアニメ『Project LUX』Steam配信へ【UPDATE】

  10. コーエーテクモ、業績予想を下方修正―『仁王』好調も『無双☆スターズ』想定下回る

アクセスランキングをもっと見る