人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョン、日本法人を設立

米国の大手パブリッシャーで『トニーホーク』や『コール オブ デューティ』等で知られるアクティビジョンは、日本法人・アクティビジョン株式会社を設立したことを明らかにしました。これまではアクティビジョンジャパン(アクティビジョン・パブリッシング・インターナショナル・インコーポレーテッド日本支店)として活動していました。

ゲームビジネス その他
米国の大手パブリッシャーで『トニーホーク』や『コール オブ デューティ』等で知られるアクティビジョンは、日本法人・アクティビジョン株式会社を設立したことを明らかにしました。これまではアクティビジョンジャパン(アクティビジョン・パブリッシング・インターナショナル・インコーポレーテッド日本支店)として活動していました。

アクティビジョン株式会社ではこれまで通りライセンス事業として日本のパートナー企業と共に事業を行っていくということです。株式会社として日本法人が設立されたことで、これまで以上に精力的な活動が期待できそうです。アクティビジョンの良質なゲームが日本でも遊びやすくなることを期待したいですね。

社長は立山善朗氏です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2019年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2019年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

    マジコンの販売に刑事罰を設ける法改正へ・・・年内施行を目指す

  3. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  6. 『キングダム ハーツ』シリーズのHD開発スタッフをスクエニが募集中!必要スキル欄には「PS4/Xbox One世代の制作経験」という表記も

  7. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  8. 【CEDEC 2010】内と外の視点から日本を語る 現役の海外国籍スタッフによるパネルディスカッション

  9. 【OGC2012】mixiで始まった「mixiゲーム」の現状とヒットタイトルの育て方

  10. 「ニンテンドーDSが売れる理由―ゲームニクスでインターフェースが変わる」刊行―サイトウ・アキヒロ著

アクセスランキングをもっと見る

1