人生にゲームをプラスするメディア

TIME誌、「最も影響力のあった100人」に宮本茂氏がノミネート

ゲームビジネス その他

米国の雑誌「TIME」は毎年、その年に最も影響力のあった人物を選んでいますが、現在WEB版にてその投票が行われています。約200人のノミネートがあり、そこからトップの100人を選ぶというものです。そのノミネートに任天堂の宮本茂氏が含まれています。

投票は各人物に0〜100のレートを付けることで行われます。宮本氏はこの原稿を書いている段階で、平均のレーティングが91点、総投票数は27536票となっています。WEB投票なので信憑性については何とも言えませんが、順位は4位となっています。

各人物にはPRO(賛成)とCON(反対)の立場でコメントが付けられています。宮本氏についてはPROは「『マリオ』『ドンキーコング』『ゼルダの伝説』で最も成功したゲームデザイナー。最新のWiiは最も売れているゲーム機となった」、CONは「彼の完璧主義者的傾向はしばしゲームを遅らせる。またWiiは他の機種と比べてグラフィックが劣る」としています。
《土本学》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. 宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

  6. Oculus代表パルマー・ラッキーがPSVRに言及、「ハイエンド・パワフルではない」

  7. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  10. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

アクセスランキングをもっと見る