人生にゲームをプラスするメディア

2006年度売り上げランキングトップ10中8本が任天堂ハード

ゲームビジネス その他

読売新聞によれば、雑誌「ファミ通」などを発行するエンターブレインが2006年度のゲームソフト販売ランキングを発表したそうです。それによれば、トップは圧倒的にDS『ポケットモンスター ダイヤモンド/パール』で、上位10本中8本まで任天堂のソフトが占めたそうです。また8本がDS向けだったようです。

2位は『Newスーパーマリオブラザーズ』、3位は『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』だったそうです。スクウェア・エニックスのDS向け『ドラゴンクエストモンスターズ ジョーカー』が7位でした。据え置き機はWiiの『Wii Sports』が8位に入っただけだそうです。

『はじめてのWii』は100万本を突破したようですが、それでランクインしないということはトップ10は全てミリオンセラーを超えたということでしょうか。この好調さが暫く続くと良いですねえ。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

    カプコン、2017年3月期連結業績は『バイオ7』『モンハン』などで増収増益

  2. 【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

    【NDC2017】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  3. 【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

    【NDC2017】第4次産業革命時代におけるゲーム開発-人工知能の時代に開発者はどう生き残っていくか

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 『乖離性ミリオンアーサーVR』最新PV公開! 激しい戦闘からアバターカスタマイズまで収録

  6. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  7. レジーが遂に社長に!―君島氏は会長兼CEOに(2)

  8. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  9. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

  10. GTX 1080 Tiで動作する『FF15』!GDC海外映像―ネコもふさふさ

アクセスランキングをもっと見る