人生にゲームをプラスするメディア

Pandemic StudiosがWii向け作品を開発中―強くなるWiiへの流れ

米誌ビジネスウィークが次世代ゲーム機戦争(こんな言葉も使わなくなってきましたね・・・)についての記事で、ソニーから任天堂へという流れが強くなっていると書き、その一例として『スターウォーズ バトルフロント』や『スペクトラム・ウォーリアーズ』などを開発した有力デベロッパー・Pandemic StudiosがWii向けのプロジェクトを進めているということを挙げています。

任天堂 Wii
米誌ビジネスウィークが次世代ゲーム機戦争(こんな言葉も使わなくなってきましたね・・・)についての記事で、ソニーから任天堂へという流れが強くなっていると書き、その一例として『スターウォーズ バトルフロント』や『スペクトラム・ウォーリアーズ』などを開発した有力デベロッパー・Pandemic StudiosがWii向けのプロジェクトを進めているということを挙げています。

Pandemicのチーフ・エグゼグティブのアンドリュー・ゴールドマン氏は「近年のゲーム業界の問題点は新鮮味が無くなったことです。新しく革新的な体験を生む場はMySpace(音楽をテーマにする世界最大のSNS)などに奪われてしまいました。しかしWiiは新しく、人々を呼び戻すことができます」としています。

PS3とXbox360向けに戦争をテーマにした大作アクション『マーセナリーズ2』を開発しているPandemicがWiiに参入するというのは興味深いニュースですね。どのような作品を出してくるのか楽しみです。

同じ記事ではEAの「マッデン」シリーズの生みの親で現在はD2C Games社長を務めるScott Orr氏の「昨年夏と比べてWiiへの興味は確実に高められています。最初にわき道で様子で伺っていたパブリッシャーはクリスマスまでにラインナップを充実させるべく、動きを強めています」というコメントや、アタリが、PS3向けは来年発売しない一方、Wii向けの予算は倍にした、という話が紹介されています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

    『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

  2. 『スプラトゥーン2』ガンガゼ野外音楽堂はどう変化した!?工事の前後を比較しつつチェック

    『スプラトゥーン2』ガンガゼ野外音楽堂はどう変化した!?工事の前後を比較しつつチェック

  3. PS4/スイッチ『ぷよぷよeスポーツ』10月25日配信決定―お手頃価格で対戦が楽しめる!

    PS4/スイッチ『ぷよぷよeスポーツ』10月25日配信決定―お手頃価格で対戦が楽しめる!

  4. 『どうぶつの森』新作がニンテンドースイッチで発表!

  5. 「Nintendo Switch Online」の加入方法やファミリープランを利用するためには? 気になるQ&Aを公開

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 全国のローソンで「プロジェクトイーブイ」とのコラボキャンペーンがスタート!特別デザインのプリペイドカードなども発売

  8. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  9. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る