人生にゲームをプラスするメディア

タイム「アジアの英雄」に任天堂・宮本茂氏らを選出

米誌「タイム」のアジア版最新号は創刊から60周年を迎えたことを記念して、「60年のアジアの英雄」という特集記事を組み、日本からは任天堂の宮本茂氏や映画監督の黒澤明氏、プロ野球ソフトバンクの王貞治監督ら最多の13人が選出されました。

ゲームビジネス その他
米誌「タイム」のアジア版最新号は創刊から60周年を迎えたことを記念して、「60年のアジアの英雄」という特集記事を組み、日本からは任天堂の宮本茂氏や映画監督の黒澤明氏、プロ野球ソフトバンクの王貞治監督ら最多の13人が選出されました。

「タイム」は特集の中で宮本茂氏について「ゲームという新興の芸術形式に最も創造的な衝撃をもたらした」と評価しました。

日本以外からはシンガポールのリー・クアンユー元首相、インドの鉄鋼王ラクシュミ・ミタル氏、ミャンマーの民主化指導者アウン・サン・スーチー女史、タイのプミポン国王、中国の故?小平氏、映画俳優のブルース・リー氏、GHQの故ダグラス・マッカーサー元帥らが選ばれています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

    今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  6. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  7. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  8. 【CEDEC2017】継続率を高めるKPI管理の仕組みースマホゲームのカスタマーサポート運用ノウハウ

  9. 開発スタッフ全員の「挑戦」が支える『FGO』スタジオの確かな技術力…テクニカルディレクターに訊く

  10. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

アクセスランキングをもっと見る