人生にゲームをプラスするメディア

直感的な競馬ゲーム『ファイナルハロン』インプレッション紹介

バンダイナムコゲームスからは多数のWiiタイトルが発表されていますが、『ファイナルハロン』(海外向けタイトル:Final Furlong)はナムコレーベルで業務用として稼動しているタイトルを基にしたものです。E3では任天堂ブースの片隅に寂しく1台だけプレイアブルで展示されていたそうです。IGNのインプレッションです。

任天堂 Wii
バンダイナムコゲームスからは多数のWiiタイトルが発表されていますが、『ファイナルハロン』(海外向けタイトル:Final Furlong)はナムコレーベルで業務用として稼動しているタイトルを基にしたものです。E3では任天堂ブースの片隅に寂しく1台だけプレイアブルで展示されていたそうです。IGNのインプレッションです。

業務用の『ファイナルハロン』は馬に跨ってプレイする体感型の競馬ゲームです。Wii版も体感の要素が色濃く出ているようです。E3デモでは1つの楕円形の競馬場と2頭の馬が登場したそうです。馬はずっと安定的な走行を見せる「リッジレーサー」と、序盤は遅く後半ペースを上げてくる「ソウルキャリバー」と名付けられていました。

馬を選択すると3つのシンプルな説明画面があります。馬を前に進めるためにプレイヤーはWiiリモコンとヌンチャクを上下させるように実際の騎手の動きを真似します。適切なリズムを刻むことで、より早く走らせることができます。もし片方だけ振った場合は、動かしている方向に馬が曲がるようです。Wiiリモコンのトリガーでムチを打つ動作も可能だそうです。

短いカウントダウンの後にゲートが開きレースが開始されます。プレイヤーは画面に表示される馬のスタミナを示すゲージとどのくらいのスピードが出ているかを示すゲージを見ながら、レースを進めていきます。また下部には、ライバルとの距離を知ることのできるウィンドウもあります。

グラフィックは馬や騎手そしてトラックを非常にリアルに描いています。これらの動きも綺麗にモーションキャプチャーがなされているとのこと。

競馬ゲームと言うと競馬ファン以外にはなかなか敷居の高いジャンルの1つでしたが、Wiiリモコンとヌンチャクを用いたシンプルかつ直感的な体感型の『ファイナルハロン』はこれまでの常識を覆す可能性を秘めたゲームだと言えそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  2. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  3. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

    『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  7. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  8. 『スマブラSP』更新データVer. 1.2.0が配信―挑戦者の難易度や一部ファイターのバランス調整を実施

  9. 『スプラトゥーン2』でこんなことしていない?“味方にイカしてないと思われるやつ”6つの特徴

  10. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

アクセスランキングをもっと見る