人生にゲームをプラスするメディア

もうすぐ開幕、E3をデータでチェック

ゲームビジネス その他

今年も米国ロサンゼルスコンベンションセンターを舞台にもうすぐE3が開幕します。「The 2006 Electronic Entertainment Expo」という長い名前の付いた世界最大のゲーム展示会をデータで紹介します。

会期は5月9日〜11日がカンファレンスの部、10日〜12日が一般展示の部です。カンファレンスとワークショップは合わせて175以上の業界リーダーによるパネルが行われます。GDCの規模が拡大していますが、こちらも負けてはいません。ブースの出展社は90カ国から400社16万平方メートル(オリンピック基準のスイミングプール40個分)のスペースに最新作がズラリと並びます。

出展社の60パーセントは2006年のホリデーシーズンまでに発売されるゲームを披露し、展示される1000の作品がE3で初公開のゲームになります。また昨今の携帯ゲーム機の勢いを反映して、今年の出展社の49パーセントはニンテンドーDSやPSPという携帯ゲーム機向けのゲームを展示する予定です。

また11パーセントのメーカーは監督、脚本、楽曲などハリウッドの才能を起用したゲームを展示します。さらに10パーセントのメーカーは健康やフィットネスの要素を含んだゲームを用意しています。こういったデータは近年のゲーム業界のトレンドを現したものと言えるでしょうね。

最後はE3の巨大さを現すデータを幾つか。E3で各社が設備にかけたお金は天井部分に使われたものだけで合計1億8000万円にも上ります。カーペットやフローリングは2万4000平方メートル分使われていて、3万3000平方メートル分のバナーや看板が使われます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

    「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  2. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

    【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 【CEDEC 2010】10カ月でPS3タイトルを開発するために・・・『龍が如く』の実例

  5. 京都信用金庫、マリオの絵柄の生体認証ICキャッシュカードを秋から提供

  6. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  7. 「キミの心の応援団長」バーチャルYouTuber富士葵が込める想いとはーーキーマンインタビュー

  8. 【CEDEC 2016】新たなトレンドはゲームにどのような変化をもたらすのか…シブサワ・コウが考えるゲームの未来

  9. 爽快な全方位ロボSTG『重竜騎兵ドラグアームズ』新体験版が頒布―コミケ90レポ

  10. 【CEDEC 2010】作りたいゲームを作るための作戦~サイバーコネクトツー松山氏

アクセスランキングをもっと見る