人生にゲームをプラスするメディア

もうすぐ開幕、E3をデータでチェック

ゲームビジネス その他

今年も米国ロサンゼルスコンベンションセンターを舞台にもうすぐE3が開幕します。「The 2006 Electronic Entertainment Expo」という長い名前の付いた世界最大のゲーム展示会をデータで紹介します。

会期は5月9日〜11日がカンファレンスの部、10日〜12日が一般展示の部です。カンファレンスとワークショップは合わせて175以上の業界リーダーによるパネルが行われます。GDCの規模が拡大していますが、こちらも負けてはいません。ブースの出展社は90カ国から400社16万平方メートル(オリンピック基準のスイミングプール40個分)のスペースに最新作がズラリと並びます。

出展社の60パーセントは2006年のホリデーシーズンまでに発売されるゲームを披露し、展示される1000の作品がE3で初公開のゲームになります。また昨今の携帯ゲーム機の勢いを反映して、今年の出展社の49パーセントはニンテンドーDSやPSPという携帯ゲーム機向けのゲームを展示する予定です。

また11パーセントのメーカーは監督、脚本、楽曲などハリウッドの才能を起用したゲームを展示します。さらに10パーセントのメーカーは健康やフィットネスの要素を含んだゲームを用意しています。こういったデータは近年のゲーム業界のトレンドを現したものと言えるでしょうね。

最後はE3の巨大さを現すデータを幾つか。E3で各社が設備にかけたお金は天井部分に使われたものだけで合計1億8000万円にも上ります。カーペットやフローリングは2万4000平方メートル分使われていて、3万3000平方メートル分のバナーや看板が使われます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

    今週発売の新作ゲーム『グランツーリスモSPORT』『サイコブレイク2』『巨影都市』他

  2. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

    【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  3. 【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

    【インタビュー】もっと気楽に「SHOTGUN」を―ドリコムによる導入事例を訊く

  4. 【UNREAL FEST EAST 2017】堀井氏がSwitch版『DQXI』の最新情報をポロリ!? ここだけのエピソードが満載だった『DQXI』基調講演

  5. 【TGS2016】漫画の文脈を飛躍させるスクエニ「VR×漫画 "Project Hikari"」の可能性

  6. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  7. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 【レポート】「黒川塾(四十)」バイトからゲーム界レジェンドへ。坂口博信、そのクリエイター人生を振り返る

  10. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る