人生にゲームをプラスするメディア

週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2006年1月9日-15日

DS『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』が前作を上回るペースで売れています。この様子だと100万本達成も時間の問題だと思われます。この好調を受け前作の週間売り上げ本数が『おいでよ どうぶつの森』に迫るなど驚異的な粘りで売れ続けています。一方でニンテンドー本体の流通不足はまだしばらくは続きそうです。

ゲームビジネス その他
DS『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』が前作を上回るペースで売れています。この様子だと100万本達成も時間の問題だと思われます。この好調を受け前作の週間売り上げ本数が『おいでよ どうぶつの森』に迫るなど驚異的な粘りで売れ続けています。一方でニンテンドー本体の流通不足はまだしばらくは続きそうです。

※は週間ゲームソフト・ハード売り上げを独自に累計したものです。尚、ハードは2006年分の累計となります。

ソフト

  
順位 前回 対応ハード タイトル メーカー 発売日 週間販売本数 ※累計販売本数
1 1 DS 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング 任天堂 2005/12/29141,307 845,884
2 2 DS おいでよ どうぶつの森 任天堂 2005/11/23 50,032 1,565,251
3 4 DS 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 任天堂 2005/5/19 49,774 (推定110万本以上)
4 3 DS マリオカートDS 任天堂 2005/12/8 39,182 990,370
5 PS2 ガンパレード・オーケストラ 白の章 〜青森ペンギン伝説〜(限定版含む) ソニー・コンピュータエンタテインメント 2006/1/12 35,709 35,709
6 - PSP モンスターハンターポータブル カプコン 2005/12/1 34,937 -
7 6 PS2 キングダム ハーツ II スクウェア・エニックス 2005/12/22 32,880 1,000,508
8 5 DS マリオ&ルイージRPG2 任天堂 2005/12/29 29,639 260,799
9 7 DS やわらかあたま塾 任天堂 2005/6/30 25,780 (推定90万本以上)
10 8 DS たまごっちのプチプチおみせっち バンダイ 2005/9/15 24,550 (推定90万本以上)


ハード

順位 ハード メーカー 週間販売台数 ※累計販売台数
1 プレイステーションポータブル ソニー・コンピュータエンタテインメント 57,686 301,184(2,543,215)
2 ニンテンドーDS 任天堂 54,284 535,844(5,245,783)
3 プレイステーション2 ソニー・コンピュータエンタテインメント 39,076 198,608
4 ゲームボーイアドバンスSP 任天堂 9,982 43,423
5 ゲームボーイミクロ 任天堂 6,341 29,393
6 Xbox360 マイクロソフト 6,107 25,884
7 ゲームキューブ 任天堂 5,465 31,467
8 ゲームボーイアドバンス 任天堂 233 1,244
9 Xbox マイクロソフト 119 396
()は2004年&2005年累計

メディアクリエイト調べ
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 【GDC 2015】Tシャツ、バッグ、ノート・・・今年も豊富に揃ったGDCグッズをチェック

  5. 教育分野へのゲーム的アプローチとは?「PlayStation x IT 教育がつくる次世代エンタテインメント」セッションレポ【CEDEC 2018】

  6. 『MGS V: TPP』海外版スネークの声優交代、本人が改めて明言

  7. 『妖怪ウォッチワールド』発表に合わせTwitterハッシュタグがジバニャンにー妖怪不祥事案件か?

  8. 『バイオハザード2』リメイク版が開発決定! 平林Pから海外向けに映像メッセージ

  9. 目線で敵をロックオンするVRロボゲー『Project Falcon』がTGSに登場、コックピット視点のゲーム画面も公開

  10. 海外ゲーマーが選ぶゲームの悪役ベスト25−栄光のトップは一体だれ?

アクセスランキングをもっと見る