人生にゲームをプラスするメディア

週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2006年1月9日-15日

ゲームビジネス その他

DS『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』が前作を上回るペースで売れています。この様子だと100万本達成も時間の問題だと思われます。この好調を受け前作の週間売り上げ本数が『おいでよ どうぶつの森』に迫るなど驚異的な粘りで売れ続けています。一方でニンテンドー本体の流通不足はまだしばらくは続きそうです。

※は週間ゲームソフト・ハード売り上げを独自に累計したものです。尚、ハードは2006年分の累計となります。

ソフト

  
順位 前回 対応ハード タイトル メーカー 発売日 週間販売本数 ※累計販売本数
1 1 DS 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング 任天堂 2005/12/29141,307 845,884
2 2 DS おいでよ どうぶつの森 任天堂 2005/11/23 50,032 1,565,251
3 4 DS 東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング 任天堂 2005/5/19 49,774 (推定110万本以上)
4 3 DS マリオカートDS 任天堂 2005/12/8 39,182 990,370
5 PS2 ガンパレード・オーケストラ 白の章 〜青森ペンギン伝説〜(限定版含む) ソニー・コンピュータエンタテインメント 2006/1/12 35,709 35,709
6 - PSP モンスターハンターポータブル カプコン 2005/12/1 34,937 -
7 6 PS2 キングダム ハーツ II スクウェア・エニックス 2005/12/22 32,880 1,000,508
8 5 DS マリオ&ルイージRPG2 任天堂 2005/12/29 29,639 260,799
9 7 DS やわらかあたま塾 任天堂 2005/6/30 25,780 (推定90万本以上)
10 8 DS たまごっちのプチプチおみせっち バンダイ 2005/9/15 24,550 (推定90万本以上)


ハード

順位 ハード メーカー 週間販売台数 ※累計販売台数
1 プレイステーションポータブル ソニー・コンピュータエンタテインメント 57,686 301,184(2,543,215)
2 ニンテンドーDS 任天堂 54,284 535,844(5,245,783)
3 プレイステーション2 ソニー・コンピュータエンタテインメント 39,076 198,608
4 ゲームボーイアドバンスSP 任天堂 9,982 43,423
5 ゲームボーイミクロ 任天堂 6,341 29,393
6 Xbox360 マイクロソフト 6,107 25,884
7 ゲームキューブ 任天堂 5,465 31,467
8 ゲームボーイアドバンス 任天堂 233 1,244
9 Xbox マイクロソフト 119 396
()は2004年&2005年累計

メディアクリエイト調べ
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

    今週発売の新作ゲーム『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』『PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS』『Fallout 4 VR』『Okami HD』他

  2. 【CEDEC 2014】プロシージャルなアセット制作でゲーム制作を劇的に変える「Houdini Engine」

    【CEDEC 2014】プロシージャルなアセット制作でゲーム制作を劇的に変える「Houdini Engine」

  3. 今週発売の新作ゲーム『STAR WARS バトルフロント II』『ポケモン ウルトラサン/ウルトラムーン』『The Sims 4』『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』他

    今週発売の新作ゲーム『STAR WARS バトルフロント II』『ポケモン ウルトラサン/ウルトラムーン』『The Sims 4』『The Elder Scrolls V: Skyrim VR』他

  4. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  5. 「EAは現在のハードウェアサイクルを逃した」−アナリストがEAを評価

  6. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  7. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  8. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  9. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  10. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

アクセスランキングをもっと見る