人生にゲームをプラスするメディア

空前絶後のクリスマス商戦、DSは60万台突破でミリオン連発

今年のクリスマス商戦はニンテンドーDSにとって最高であると同時にゲーム史を振り返っても過去に例のない空前絶後のものとなりました。最大の需要期であるクリスマスを含む12月18日〜12月25日の週間売上でニンテンドーDSは昨年12月の本体発売週の記録を大きく超える60万台を販売、ソフトでも2本がミリオンセラーを達成しました。

ゲームビジネス その他
今年のクリスマス商戦はニンテンドーDSにとって最高であると同時にゲーム史を振り返っても過去に例のない空前絶後のものとなりました。最大の需要期であるクリスマスを含む12月18日〜12月25日の週間売上でニンテンドーDSは昨年12月の本体発売週の記録を大きく超える60万台を販売、ソフトでも2本がミリオンセラーを達成しました。

ハード売上は12月に入ってから30万台、40万台、60万台という風に急激な伸びを見せていて12月だけで140万台を販売しています。先日発表会が行われたように国内販売は500万台を超えています。これは過去に発売されたゲーム機の中で最速の数字となっています。

ソフトも大きく伸びていて『おいでよ どうぶつの森』が41万本を販売して累計販売本数は117万本となりDSで初のミリオンセラーを達成しました。DSの週間販売数の記録も作っています。また5月から類を見ないロングセラーとなっている『脳を鍛えるDSトレーニング』も週間の過去最高売上でミリオンに到達しました。DSとGBAで発売された『ポケモン不思議のダンジョン』もそれぞれ50万本に達して併せて100万本となりました。

その他のソフトも好調です。出足が鈍かった『マリオカートDS』も30万本を売り上げて年明けにもミリオンに届きそうな勢いです。『たまごっちのプチプチおみせっち』も70万本を超えていてミリオンまで到達できるかもしれません。『Nintendogs』も3作合計で10万本を超えて累計90万本となりました。『やわらかあたま塾』も80万本まできました。

サードパーティも好調で『スライムもりもりドラゴンクエスト2〜大戦車としっぽ団』や『ドラゴンボールZ』などが20万本に届き、『ロックマンエグゼ6』も順調に売れています。

トップ30中にDSタイトルが14タイトル含まれるなど、今年の年末商戦は正にDS一色となっています。年明け以降も注目タイトルが多く控えていることもあり、強さを保っていくだろうと思われます。来年発売予定のレボリューションに向けて良い流れを作っていけそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

    『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  2. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  3. 任天堂、夏のボーナス2割減

    任天堂、夏のボーナス2割減

  4. マーベラス、傘下のランタイムを吸収合併

  5. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  6. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  7. Wiiの間株式会社が社名変更、任天堂ネットワークサービス株式会社に

  8. e-Sportsの大会運営に関する悩みを全て解決!CyberZ、コミュニティプラットフォーム「PLAYHERA」を発表

  9. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  10. 【GDC Next 2013】3Dホログラムゲームまであと一歩? メガネ型ARデバイス「castAR」に注目集まる

アクセスランキングをもっと見る