人生にゲームをプラスするメディア

「Official Nintendo Magazine UK」の出版元がFuture Publishingに

ゲームビジネス その他

任天堂UKは英国で販売されている任天堂の公式雑誌「Official Nintendo Magazine UK」の販売元が12年間続けてきたEmap ActiveからFuture Publishingに移ることを明らかにしました。Futureは「EDGE」、「Official Playstation 2 Magazine」といった雑誌やComputer And VideoGames、Daily Raderなどのサイトを運営しています。

新しい「Official Nintendo Magazine UK」は2006年2月号から新しい編集スタッフの下でリニューアルされ販売が開始されます。

英国任天堂のDawn Paineマーケティングディレクターは「任天堂がゲームの世界を革命し続けると共に私達は雑誌も変わらなければならない時期だと思います。そして他の出版社がどのようなオファーができるのか確かめたいと考えました。私達は出版界で長い経験を持ち特にゲーム雑誌では定評のあるFutureと共に進むことをとても嬉しく思っています。また、Emap Activeは12年間に渡り素晴らしい仕事をしてきました。今後の彼らの活躍を期待しています」と述べています。

FutureのRobert Priceマネージングディレクターは「Futureは任天堂の雑誌を長年作ってきました。今回Officialの称号を得ることができてとても興奮しています。私達は任天堂ゲームやそれをプレイする幅広いユーザーに楽しさを伝える雑誌を作るつもりです」と述べました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

    2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【アンケート結果発表】思い出のゲームボーイは?

    【アンケート結果発表】思い出のゲームボーイは?

  4. クリエイターの負荷を軽くする「自動生成」技術、将来の方向性は? 〜IGDA日本ゲームAI連続セミナー

  5. 遺伝的アルゴリズムとニューラルネットワーク、ゲームAIによるキャラクタの「進化」を考える

  6. 【特集】前田尚紀×山岡晃×DJ “KSUKE”鼎談―日本のゲーム音楽とダンスミュージックを牽引するクリエイターが語る

  7. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  8. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  9. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  10. 『悪魔城ドラキュラ』シリーズのプロデューサー五十嵐孝司氏がコナミを退社

アクセスランキングをもっと見る