人生にゲームをプラスするメディア

「ニンテンドーWi-Fiコネクション」は米国では11月14日に開始決定

任天堂オブアメリカは米国で「ニンテンドーWi-Fiコネクション」のサービスを11月14日より開始することを発表しました。対応ソフトとしては11月14日に任天堂から『マリオカートDS』が、サードパーティからはアクティビジョンの『トニーホーク アメリカンスケートランド』が発売され、それに続いて12月5日に『どうぶつの森ワイルドワールド』が発売になります。

任天堂 DS
任天堂オブアメリカは米国で「ニンテンドーWi-Fiコネクション」のサービスを11月14日より開始することを発表しました。対応ソフトとしては11月14日に任天堂から『マリオカートDS』が、サードパーティからはアクティビジョンの『トニーホーク アメリカンスケートランド』が発売され、それに続いて12月5日に『どうぶつの森ワイルドワールド』が発売になります。

「任天堂はオンラインゲームのモデルとコミュニケーションの定義を塗り替えました。非常に簡単な準備と追加コストなしに、プレイヤーは遠く離れた距離に居るユーザーとも、あたかも同じ部屋の中に座って遊んでいるかのようなプレイを楽しむ事が出来ます」と上級副社長セールス&マーケティングのReggie Fils-Aime氏は述べています。

米国でもUSB対応のコネクタは発売されるようですが価格は示されていません(国内では3500円)。屋外で遊ぶ場合はホットスポットが提供されるようです。「国内に何千箇所ものニンテンドーWi-Fiコネクションの無料ホットスポットを設置」するとのこと。詳細は近いうちに明らかにするそうです。

国内では発売予定にない『トニーホーク アメリカンスケートランド』ではWi-Fiを通じた様々な対戦が可能なほか、自分でデザインしたボードやタグを交換することができるそうです。世界ランキングもあるそうです。発売は11月14日です。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ウマ娘』キャラの“バスト”に隠された最新技術とは? マーベラスサンデーの魅惑ボディも実は…

    『ウマ娘』キャラの“バスト”に隠された最新技術とは? マーベラスサンデーの魅惑ボディも実は…

  2. 「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

    「ちいかわ」作者が『Dead by Daylight』に夢中!?“全年齢版ブラボ”の一歩先へ…

  3. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

    『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  4. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  5. 夏休みに遊びたいニンテンドースイッチ体験版まとめ!最新作から定番タイトルまで10作品を厳選

  6. 『スマブラSP』界隈に衝撃!「CR」新部門のメンバーが“世界最強”プレイヤーに勝利

  7. 「100日後に死ぬワニ」が現実に…?『スマブラSP』のプロになった“ワニの人”

  8. 『遊戯王 マスターデュエル』なぜ「ドラゴンメイド・ラドリー」は人気なのか―“ドジっ子”メイドは、エルドリッチとも仲良し?

  9. 『ポケモン ソード・シールド』ポケモン図鑑完成を目指すときのコツ!400種類コンプを目指そう

  10. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

アクセスランキングをもっと見る