人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】ロンドニアンゴシックス〜迷宮のロリィタ(NDS)

任天堂 DS

コナミブースのパートナータイトルが並んでいる一角でメガサイバーから10月13日に発売予定のDS向け『ロンドニアンゴシックス〜迷宮のロリィタ』が一台だけ展示してあり、遊べる状態となっていました。配布されていたチラシには「あんたも買わなきゃ 踏み潰すわよ!」というコピーが。それなりに敵を踏み潰す機会はありますが、それを期待したら駄目です。

舞台は19世紀末の大英帝国の帝都・倫敦で、詳しいストーリーは公式サイトなどで読んでもらうとして、ジャンルは「新感覚ゴスロリアクションRPG」となっています。

東京ゲームショウで遊べたバージョンは、執事の居る館を下へ下へと進んでいくような感じでした。1つのフロアには魔方陣がいくつかあり、それを全て踏めば次へと進む為の扉が開きます。迷宮での基本はこれですが、それを妨害する敵が存在します。敵は着ているドレスの特殊能力によって動きを止めたりすることは出来ますが、倒すことはできません。ですから下画面にある「気配センサー」で波形をチェックしながら、敵に会わないように迷宮を散策していきます。

そうした敵を最終的に倒してしまうためには、部屋の中にある「ボアダムン」を破壊する必要があります。敵はキャッチコピーでも分かるように踏みつけて倒します。ただ、そうは言っても、敵と重なった状態で単純にAボタンを連打するだけで、特にアクション的な要素があるわけではありません。普段は倒せない敵をアイテムがあれば倒せるようになるということで、パックマンのような感じも受けます(ただし、画面全体を俯瞰できるわけではありません)。

様々な部品を使ってドレスを剛性していくのもこのゲームのポイントになりそうです。ドレスの材料には素材や型紙などが必要になり、これらは敵を倒した際に手に入るようです。着替えはタッチスクリーンから簡単にでき、ざっと見たところ、それぞれの特殊能力には、雷で敵を痺れさせる、バズーカ砲で敵を吹き飛ばす、水の上も歩けるようになる、近くにランダムでワープ、魔方陣の位置を知る、などがありました。上手く着こなすことが大切です。

操作は簡単ですが、動きには少し不満があります。というのも、滑るように動くので少々遊びにくいのです。どうせ敵と斬り合うアクションではないので、微妙な操作は要求されないのですが、個人的にあまり好きではありません。全体的に見て、特に悪いところもなければ、特に良いところもないといった感じです。どうなんでしょう、そういうゲームが最近は多い気がします。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』にブキ「パブロ」を追加! 7月23日の午前11時に実装

    『スプラトゥーン2』にブキ「パブロ」を追加! 7月23日の午前11時に実装

  2. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  3. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  4. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  5. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  6. スイッチ/3DS『マイティガンヴォルト バースト』に「えころ」登場が決定! 強化&無敵なスキルで立ち向かえ

  7. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  8. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  9. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  10. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

アクセスランキングをもっと見る