人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカが3人の昇進を発表

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは3人の幹部の昇進人事を発表しました。それによれば2名がシニアディレクターに、1名がディレクターとなりました。Brian Cheney氏がインフォーメーションサービス担当シニアディレクター、Rick Lessley氏がサプライチェーン業務担当シニアディレクター、Eugene Kwon氏が任天堂テクノロジーデベロップメント・プラットフォーム担当ディレクターです。

「これらの従業員は個々のエリアで傑出した力を発揮してきました。この昇進は彼らの任天堂への献身とコミットメントを反映します」と任天堂オブアメリカの君島達巳社長は述べています。

Brian Cheney氏は1987年に任天堂に入社して以来、インフォーメーションサービスの部署に尽力して、1999年にディレクターに昇進しました。商品追跡プログラムの開発を行っている子会社のSiRAS.comの最高技術責任者も務めています。シニアディレクターとしてCheney氏はネットワークシステムの管理/運営、任天堂のプログラムスタッフなどの指揮を行う予定です。

Rick Lessley氏は2001年1月に出荷/流通担当ディレクターとして任天堂に入社し、ノーベンドの出荷センターを指揮してきました。以前はHomeGrocer.comで同様の業務に務めていたほか、世界最大の宅配業者FedExで19年間の経験があります。Lessley氏は引き続き流通グループを担当すると共にノースベンドでのソフトのパッケージング業務も担当します。

Eugene Kwon氏はハードの開発を行う任天堂テクノロジーデベロップメントに1999年にモトローラーから移籍しました。Kwon氏はNTDにてゲームキューブのサウンドサブシステムやサウンドシステムの開発ソフト等を開発してきました。プラットフォーム開発担当として今後は産業を分析して、新規技術の開発、新世代ゲーム製品のコンセプト立案に当たります。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

    Azureが初登場!クラウドによるゲーム開発支援を鮮明にした“GDC 2018”マイクロソフトブースの狙いを訊く

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 【CEDEC 2013】「良いゲームには、良いマーケティングを」グーグル定元氏が語る楽しい広告

  5. 元ゲームリパブリックの岡本吉起氏、モバイルゲームを開発中

  6. 体感型筐体「VR センス」がいち早くプレイできる店舗が登場、『超 真・三國無双』など対応タイトルも発表

  7. 高知県、「平成の海援隊」結成ーゲームや玩具など多事業で地域活性を目指す

  8. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  9. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  10. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

アクセスランキングをもっと見る

1