人生にゲームをプラスするメディア

【インプレッション】スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール(GC)

任天堂 GC

任天堂とナムコのコラボレーション! マリオの仲間達が野球に挑戦! 『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』が7月21日に発売されます。ゲームショップの店頭に置かれている月刊任天堂7月号にはその体験版が収録されていますので、そのファーストインプレッションをお届けします。

この体験版ではエキシビションとミニゲームの2つのモードを楽しむことができました。

まずエキシビションでは9イニングの1試合を遊べます。まずチームを選択しますが今回選べたのはマリオチームとワリオチームで、この両者の対戦となります。もちろんチームリーダーはそれぞれマリオとワリオです。スタジアムは標準的な2種類のスタジアムを選択することができました。

このゲームは簡単な操作性をウリにしていて、大抵の操作はスティックとAボタンBボタンで行うことができます。まず打撃ですが、基本的には相手ピッチャーの投げる球にタイミングを合わせるだけです。左右はありますが、高低は無いようでした。打つにはAボタンで、長く押すと強打になります。また、RとAでスペシャルショットを繰り出すことが出来ます。これは回数が制限されていて、試合開始時には5回使えるようになっています。イニング毎に1つ貰える様な感じでした(自信なし)。

ヒットを打ったり四球を貰って塁に出ることができれば、Lボタンを使って盗塁を試みることができます。もし無理だと感じて戻る場合はRボタンです。複数のランナーが居る場合はLやRを押すと全てのランナーが動くことになるので、動かすランナーを指定したい場合にはスティックでその方向を指定してからボタンを押します。

次に投球ですが、Aボタンで投げてスティックでその方向を決めます。Aでストレートで、Aを長く押すと強いストレートになります。変化球の投げ方は良く分かりませんでしたが、適当に曲げたい方向にスティックを倒しておくとグングン曲がってました(私はマリオを使ったのですが操作説明画面にはチェンジアップの投げ方だけ、A+スティック下となりました)。

守備の操作も簡単です。フライが揚がった場合は一番近くの選手にカーソルが当たるので、スティックで移動してキャッチします。送球はスティックで投げたい塁を指定してAで投げます。ランナーを出してしまった場合の牽制は、スティック+Bでピッチャーがマウンドを外してスティックの方向を向くのでAで投げます。

ミニゲームでは「花火(?)」というものが遊べました。マシンが10球投げてくれるので、それを打って飛距離に応じてポイントが貰えます。ミニゲームの中ではスペシャルショットが無制限に使えるようなのでR+Aで打っていくといいでしょう。キャラはワリオやドンキーのようなパワー系を使った方がいいでしょう。

画面は野球ゲームとして独創的な感じではありませんが、パワプロなんかと比較するとカメラが少し高い位置にある感じです。そのためもあってか、球の高低がないようです。また、他の野球ゲームでは必ず打撃側の場合、振った際のバットの位置がカーソルで示されますが、このゲームではそれがありません。バッターボックスの立ち位置と球のタイミングで打っていきます。カーソルに合わせて行う打撃は最初はなかなか難しいですから、思い切って省いたということでしょうか。投球も同様です。

『スーパーマリオスタジアム ミラクルベースボール』は今までの野球ゲームの煩雑だった部分を丁寧に取り除いていったゲームという印象です。誰もが簡単に入っていける間口の広さは『マリオテニス』などとも共通するものでしょう。野球ゲームはこれまで実名の選手を登場させて、それをどれだけ再現するかの勝負だった感がありますので、このような投げて打つ楽しさに焦点を置いた野球ゲームの登場は嬉しいですね。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

    【特集】『スプラトゥーン2』初心者にはこのブキがオススメ!使いやすいブキ8選

  2. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

    【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 【読者アンケート】「あなたが好きな『ファイアーエムブレム』作品は?」結果発表─『烈火の剣』『蒼炎の軌跡』『聖戦の系譜』の三つ巴を制したのは……

  5. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』の予約受付が開始―アローラフォトクラブなど新要素もりだくさん

  6. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  7. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  8. ニンテンドースイッチ本体にファミコン版『ゴルフ』が隠されていることが判明!―故・岩田聡氏の命日にのみ起動可能

  9. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  10. 【特集】『スプラトゥーン2』ガチマッチに参戦する時の心得 ─ これを読めば初心者でも勝てるかも?

アクセスランキングをもっと見る