人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂氏インタビュー/Wired

Wiredに任天堂の宮本茂氏へのインタビューが掲載されています。これはE3の際に収録されたもので、マリオやレボリューションのダウンロードサービスについて話されています。

ゲームビジネス その他
Wiredに任天堂の宮本茂氏へのインタビューが掲載されています。これはE3の際に収録されたもので、マリオやレボリューションのダウンロードサービスについて話されています。

ニンテンドーDSの『ニュー・スーパーマリオブラザーズ』に関しては下を参照して貰うとして、『マリオ128』について宮本氏はレボリューションで開発しているという旨を話しています。「マリオチームはそんなに沢山のゲームを同時には作れません。彼らはレボリューションに集中しています」とGC向けマリオ新作は否定しています。

レボリューションでは過去の任天堂タイトルがダウンロードできるという仕組みが提供されるそうですが、どのタイトルが選ばれるのか、という質問に対しては「技術的には過去の全ての任天堂タイトルを作動させることができます。それは単に私達がどれを選ぶかという問題です」としています。

最後にマリオの部分だけ紹介。

―――ニュー・スーパーマリオブラザーズについて聞かせてください。これを開発しているのは誰ですか

手塚(卓志)や中郷(俊彦/所属はSRD)がプロジェクトを指揮しています。私もときどき見ています。なので、オリジナルのマリオのメンバーにとても近いということになります。

マリオが3Dになったとき、マリオはより沢山のことが可能になり、プレイヤーはより沢山のことを経験できるようになりました。皆が慣れていた2Dの横スクロールから3Dに移行するのはとても困難なことでした。

DSで私達はワイヤレス通信で同時にマリオを操作するという先端技術を使います。しかし同時に私達は誰でも手に取って貰えるように、ゲームの原点へと立ち返りました。私達は誰にでも遊べ満足できるマリオゲームを望んだのです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

    YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

    【TGS2016】二次元美少女に触れられるVRデモ、壊れる

  4. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  5. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  6. 【レポート】VRの“もどかしさ”や“行動制限による違和感”を逆手に取ったPSVR『星の欠片の物語、ひとかけら版』のデザインとは

  7. 日本オンラインゲーム協会、「スマートフォンゲームアプリケーション運用ガイドライン」を策定

  8. 【朝刊チェック】はてな利用会員100万人を突破、『うごくメモ帳』効果で勢い増す(5/11)

  9. 【CEDEC 2010】ファイナンス&マネージメント みずほキャピタル逸見圭朗氏による「続・ゲーム企業の資金調達」

  10. VRビジュアルノベル『バーチャルノベル』プロジェクト発足、支援者を募集中

アクセスランキングをもっと見る