人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカReggie Fils-Aime副社長インタビュー

ゲームビジネス その他

「Kick Ass, Taking Names」が合言葉になった任天堂オブアメリカ上級副社長セールス&マーケティングのReggie Fils-Aime氏へのインタビューがNintendo.comに掲載されているので紹介します。レジーファンの為のもので特に大切な事は話されていません。

――E3で一番刺激されたブースはどこですか(もちろん任天堂以外で)

私はビジュアル人間なので他の会社がどのようにブースを組み立てるか―どのくらい創造的にエキサイティングな場所にするかを見ています。もちろんライバルのブースを眺めるのも楽しいですね。

――ロサンゼルスまでの飛行機では何のゲームを遊んでいましたか

私はまだ『メイドインワリオ』を好んで遊んでいます。特に飛行機のような移動時間には素晴らしいさっと遊べるゲームです。その後、『直感ヒトフデ』をプレイしました。私は早くからこのゲームに夢中で、頭に良い刺激を与えてくれます。

――以前居たGuinnessやVH1などの会社での経験はどのようにE3のようなイベントに備えるのに役立っていますか

次の6ヶ月間に私達がこのビジネスでどのような事をやろうとしているのか正しく伝え、発売していく製品を輝かせるために非常に努力をしています。また、人々と向かい合って、様々なアイデアを共有するためには素晴らしい機会です。

――今回のスピーチの為にどのくらい準備をしましたか

前日までに何度も何度も練習を繰り返しました。前夜は良い映画を見て、食事をして、同僚と楽しく喋ります。そうすることによって快適に眠り、当日には気持ちよく目覚めることができます。

――ショーが金曜日に終わった後に、何に対して祝うつもりですか

頑張って取り組んできた全ての人に、私達の成功に対して、そして来週は家出ゆっくり休めることに対して。

――昨年のE3で経験した最も普通ではない出来事は何でしたか

恐らく私の体格のせいだと思いますが、来場者の何人かは私をセキュリティかと勘違いしたみたいです。そんな時は付けているバッジを見せました。それは可笑しな体験でした。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  2. 欧州大陸の中心、オーストリアのゲーム会社が来日会見

    欧州大陸の中心、オーストリアのゲーム会社が来日会見

  3. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  4. VR最高のマルチプレイゲーム目指す『EVE: Valkyrie』ローンチトレイラー公開

  5. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  6. 京都銀行、任天堂株の売却は考えず、配当を原資に貸し出し強化へ

  7. トレーディングカードゲーム市場、1000億円規模を突破 ― 「ヴァンガード」シェア拡大

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 久多良木健氏、サイバーアイ・エンタテインメントを設立して活動再開

  10. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

アクセスランキングをもっと見る