人生にゲームをプラスするメディア

任天堂オブアメリカReggie Fils-Aime副社長インタビュー

ゲームビジネス その他

「Kick Ass, Taking Names」が合言葉になった任天堂オブアメリカ上級副社長セールス&マーケティングのReggie Fils-Aime氏へのインタビューがNintendo.comに掲載されているので紹介します。レジーファンの為のもので特に大切な事は話されていません。

――E3で一番刺激されたブースはどこですか(もちろん任天堂以外で)

私はビジュアル人間なので他の会社がどのようにブースを組み立てるか―どのくらい創造的にエキサイティングな場所にするかを見ています。もちろんライバルのブースを眺めるのも楽しいですね。

――ロサンゼルスまでの飛行機では何のゲームを遊んでいましたか

私はまだ『メイドインワリオ』を好んで遊んでいます。特に飛行機のような移動時間には素晴らしいさっと遊べるゲームです。その後、『直感ヒトフデ』をプレイしました。私は早くからこのゲームに夢中で、頭に良い刺激を与えてくれます。

――以前居たGuinnessやVH1などの会社での経験はどのようにE3のようなイベントに備えるのに役立っていますか

次の6ヶ月間に私達がこのビジネスでどのような事をやろうとしているのか正しく伝え、発売していく製品を輝かせるために非常に努力をしています。また、人々と向かい合って、様々なアイデアを共有するためには素晴らしい機会です。

――今回のスピーチの為にどのくらい準備をしましたか

前日までに何度も何度も練習を繰り返しました。前夜は良い映画を見て、食事をして、同僚と楽しく喋ります。そうすることによって快適に眠り、当日には気持ちよく目覚めることができます。

――ショーが金曜日に終わった後に、何に対して祝うつもりですか

頑張って取り組んできた全ての人に、私達の成功に対して、そして来週は家出ゆっくり休めることに対して。

――昨年のE3で経験した最も普通ではない出来事は何でしたか

恐らく私の体格のせいだと思いますが、来場者の何人かは私をセキュリティかと勘違いしたみたいです。そんな時は付けているバッジを見せました。それは可笑しな体験でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

    並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  4. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  5. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  6. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  7. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  8. 今週発売の新作ゲーム『Forza Motorsport 7』『ドラゴンズドグマ:ダークアリズン』『ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン』他

  9. 上・上・下・下・左・右……コナミコマンドで「Googleリーダー」に何かが起こる!

  10. ゲームクリエイターたちの熱い夜!DeNA×アカツキ×カヤックが語るユーザーのためのゲームづくりとは

アクセスランキングをもっと見る