人生にゲームをプラスするメディア

E3のフロアプランが明らかに、任天堂は例年通りの大規模ブース

今年もロサンゼルスのコンベンションセンターで開催されるE3(Electronic Entertainment Expo)の開幕の5月17日まで残り1ヶ月少々となってきました。本日、E3事務局はフロアプランを発表しました。大体の所は昨年までと同様の配置となっています。

ゲームビジネス その他
今年もロサンゼルスのコンベンションセンターで開催されるE3(Electronic Entertainment Expo)の開幕の5月17日まで残り1ヶ月少々となってきました。本日、E3事務局はフロアプランを発表しました。大体の所は昨年までと同様の配置となっています。

任天堂は例年通りウエストホールに最大規模のブースを予定しています。その隣にはソニーがブースを構え、これもほぼ同規模です。マイクロソフトはサウスホールにこれまた大きなブースです。大手パブリッシャーは殆どがサウスホール、コンコースにはプレス向けのルームなども用意されています。

今年のE3のスローガンは「WHERE BUISINESS GETS FUN(ビジネスが面白くなる場所)」です。新型携帯ゲーム機の発売に続いて、次世代機も姿を見せてきます。そして『ゼルダの伝説』などハードの収穫期に相応しい大作も目白押しで、今年のE3にも目が離せそうにありません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 絶対に、絶対に、絶対にあきらめるな!・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第30回

    絶対に、絶対に、絶対にあきらめるな!・・・「ゲームウォーズ 海外VS日本」第30回

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

    コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

  4. 【DEVELOPER'S TALK】音楽とゲーム性の融合!『アルトネリコ3 世界終焉の引鉄は少女の詩が弾く』世界初の楽曲自動生成システムに込める想い

  5. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

  6. ローカライズ専門会社アクティブゲーミングメディアが語る、海外ゲーム市場の動向

  7. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  9. 忍ismがプロゲーミングチームを設立―『ストリートファイター』『スプラトゥーン2』で3月から始動

  10. 【CEDEC 2014】プロシージャルなアセット制作でゲーム制作を劇的に変える「Houdini Engine」

アクセスランキングをもっと見る