人生にゲームをプラスするメディア

豪州任天堂、ゼルダ3タイトルの発売を記念し「Zelda Month」を実施

ゲームビジネス その他

任天堂オーストラリアは3タイトルのゼルダが発売されることを記念して、ユーザーの「宝探し」を募集する「Zelda Month」キャンペーンを実施すると発表しました。入賞者にはニュージーランドでの素晴らしい冒険の旅、などがプレゼントされるとのことです。

このキャンペーンに参加する為には4月に発売される『ゼルダの伝説〜4つの剣+』(GC)・『ゼルダの伝説〜ふしぎのぼうし』・「ゴールドの限定版GBASP」のいずれかのタイトルを購入し、豪州版クラブニンテンドーに当たるNintendo Clubに登録する必要があります。

3タイトルのうちの1つ以上を登録した上で、ユーザーが、どのようにして『ゼルダ』の新作や限定版GBASPを「発見」したか、という事を写真や映像などで撮影し応募します。入賞者にはスリル満点の旅行や300ドルまでの任天堂製品などがプレゼントされます。

募集は5月4日までで、5月6日には優秀な10作品がサイト上に掲載され、サイトに訪れたビジターの投票によって最も優秀な作品が決定されます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

    【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  2. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

    VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  3. 五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

    五感で楽しむVRマシン『VR センス』には『DOAX』も、新コンテンツ情報が公開

  4. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  5. 『大逆転裁判2』の作業量は前作の倍!? ローカライズ裏話も――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・後編

  6. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  7. 中国政府、試験的に「ゲーム機禁止令」を解除 ― 外資系エンタメ企業の設立も緩和

  8. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  9. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  10. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

アクセスランキングをもっと見る