人生にゲームをプラスするメディア

元気がコナミとの資本提携を解消、新パートナーに2社

『探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件』などの発売元である元気株式会社はコナミとの資本提携を解消したと発表しました。元気は新たに、モバイル向けコンテンツ配信のフォーサイド・ドットコム及び、パチスロ遊技機メーカーのダイコク電機との資本・業務提携を締結しています。

ゲームビジネス その他
『探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件』などの発売元である元気株式会社はコナミとの資本提携を解消したと発表しました。元気は新たに、モバイル向けコンテンツ配信のフォーサイド・ドットコム及び、パチスロ遊技機メーカーのダイコク電機との資本・業務提携を締結しています。

元気とコナミは2002年1月に資本提携を結び、コナミが元気の発行済み株式の37%を保有する筆頭株主となっていました。両社は資本・業務提携で良好な関係を築いていましたが、元気からの依頼で3月31日付で保有株式を売却したとのこと。尚、今後も関係は継続していくとのことです。

フォーサイド・ドットコムは世界中にモバイル向けコンテンツを配信しているディストリビューターで、元気の制作する良質のコンテンツを利用することで更にシェアの向上を図る意図があります。フォーサイドは元気の10.4%の株式を取得しました。

ダイコク電機は、昨年施行された法律等により、今後はより一層ゲーム性の強いパチスロ遊技機が求められるという見方から、ゲーム業界でオリジナリティの高い作品を多数制作している元気との関係を構築することを望んだようです。同社は17.2%の株式を取得しました。

コナミは37%の全てを売却したとしていますが、そのうち、27%はフォーサイド、ダイコク電気の両社に売却されたのは間違いありませんが、残りは誰の手に渡ったのでしょうか。

小規模デベロッパーのモバイル向けコンテンツメーカーやパチスロ機器メーカーによる再編が続きますね。同じコナミ傘下のタカラを取り込むのは何処になるのでしょうかね。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

    CC2・松山洋氏によるワークショップを11月1日に開催─「エンターテインメントという薬」1周年を記念して

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【CEDEC 2012】開発環境共通化の意義とメリット ― カプコン「MT FRAMEWORK」の場合

    【CEDEC 2012】開発環境共通化の意義とメリット ― カプコン「MT FRAMEWORK」の場合

  4. マリオの1コインは370万円の価値あり!? ドルより強いゲーム通貨

  5. CC2が新プロジェクトを発表―復讐をテーマにした新作3タイトルの情報が公開!

  6. ニンテンドウ64など過去のハードの修理サービスが終了に

  7. 本物はどっち!? 小島プロダクションが「FOX ENGINE」の最新ショットを公開

  8. 爽快なアクションと壮大な物語がロンチから楽しめる、PS Vita『ロード オブ アポカリプス』

  9. 【レポート】日本文化がパリを熱くさせた!ゲームやアニメが目白押しのJapan Expo会場レポ

  10. ネクソン、『メイプルストーリー』で1380万人の個人情報漏洩・・・海外は影響なし

アクセスランキングをもっと見る