人生にゲームをプラスするメディア

[EDITORIAL] コラボレーションを考える

ゲームビジネス その他

2005年1月に立て続けに2つのコラボレーションが発表されました。エレクトロニック・アーツの『NBAストリートV3』にマリオ、ルイージ、ピーチが参戦することが決定し、コナミと共同開発で『Dance Dance Revolution with MARIO』が発売されることになりました。昨年は集英社と組んだ『ジャンプスーパースターズ』くらいで、コラボレーションに関してはひと段落した感がありましたが、今年はまた新しい挑戦が見られそうな雰囲気になってきました。コラボレーションは何もゲーム業界だけの話ではなく、一つの流行という感じがありました。現在では落ち着いてきましたが、流行るには何らかの理由がある訳で、ここでは簡単に分析をしてみたいと思います。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

    『妖怪ウォッチ』の北米戦略とは―LEVEL-5 abby Inc.担当者インタビュー

  2. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

    まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  3. 【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

    【VRLA2017】VR空間で自ら演じるとアニメーションが作れる『Mindshow』に挑戦!

  4. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  5. スクウェア・エニックスが3Q連結決算発表―スマホ好調、『FF15』など大作も投入

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. 『スペースチャンネル5』のVR体験再び! 10月29日・30日にau SHINJUKUへ急げ

  8. 【CEDEC2012】『Child of Eden』『ルミネス エレクトロニックシンフォニー』から見る音とビジュアルの関係

  9. レベルファイブが開発拠点「LEVEL5 comcept」を大阪に設立―同拠点の手掛ける新作ゲームの情報も

  10. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

アクセスランキングをもっと見る