人生にゲームをプラスするメディア

任天堂の上半期の研究開発費は25%増の108億円

任天堂は12月22日に第65期半期報告書(2004年4月1日―9月31日)を提出しました。それによれば上半期のグループ全体での研究開発費は108億8200万円(消費税等別)で、昨年度と比較して約25%の伸びとなりました。

ゲームビジネス その他
任天堂は12月22日に第65期半期報告書(2004年4月1日―9月31日)を提出しました。それによれば上半期のグループ全体での研究開発費は108億8200万円(消費税等別)で、昨年度と比較して約25%の伸びとなりました。

大きく伸びた要因としてはニンテンドーDSや次世代ゲーム機「レボリューション」の開発費用の増加が考えられます。報告書では「従来路線の単純な延長上には位置づけられない新しい世界を展開すべく、次世代型ゲーム機の開発を引き続き進めています」としています。

研究開発についてハードウェアでは、最先端の技術を単に取り入れて性能の向上を追及するのではなく、ゲーム本来の面白さを引き出すために、記憶媒体や表示装置、ネットワーク技術やセキュリティ技術を中心に調査研究を行っているとしています。

ソフトウェアでは優秀なクリエーターを社内に多く抱えている強みを生かして、様々な表現技術(シナリオ・映像・音楽・システム等)に関する研究を基礎として、高品質かつ独創的なソフトウェアの研究開発を行っているとしています。

昨年度の研究開発費は通期で158億2500万円でした。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

    「ヤフオク!」過去30年で取引された人気ゲーム情報を公開─高く売れたタイトルはどれ?

  2. 『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

    『マブラヴ』VRデモ配信開始!兵士の視点でBETAと戦える

  3. 戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

    戦慄ホラー『Outlast 2』開発元が「専用おむつ」を発表!ファンからの「漏らした」報告を受け

  4. 『Google Earth VR』がストリートビューに対応!―お家に居ながら世界旅行気分

  5. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  6. 悪魔城ドラキュラの五十嵐氏新作『Bloodstained』発表!UE4を使った2.5Dの探索型アクション

  7. VRエンタメ施設「VR PARK TOKYO」渋谷にオープン!2人対戦の「VR野球盤」や協力プレイもできる「VRガンシューティング」など

  8. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  9. 株式会社そらゆめが倒産―『ひぐらしうみねこカードバトル』の開発、クラウドファンディングサイトを運営

  10. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

アクセスランキングをもっと見る