人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDS好調、発売3週目は22万台を販売

ゲームビジネス その他

クリスマスが近づいてきてニンテンドーDSは依然好調です。発売から3週目の12月13日〜19日までの週間売上は22万台で、累計の販売台数は84.3万台となりました。任天堂はクリスマスイブの頃には100万台を突破するとしていますが、ほぼ間違いないペースです。

ソフトウェアでは『さわるメイドインワリオ』と『スーーパーマリオ64DS』が4位と5位に、『ポケモンダッシュ』が15位にランクインしています。16日に発売された『ドンキーコング ジャングルビート』は11位でした。『エメラルド』や『マリオパーティ6』など少し前に発売されたゲームも勢いがあります。

4位「さわるメイドインワリオ」(75000本/249000本)
5位「スーパーマリオ64DS」(68000本/241000本)
7位「ポケットモンスター・エメラルド」(57000本/1250000本)
8位「マリオパーティ6」(57000本/268000本)
10位「ロックマンエグゼ5 チーム・オブ・ブルース」(54000本/120000本)
11位「ドンキーコング ジャングルビート」(46000本/46000本)13位「ヨッシーの万有引力」(45000本/80000本)
14位「スーパーロボット大戦GC」(36000本/36000本)
15位「ポケモンダッシュ」(35000本/109000本)
17位「NARUTO 激闘忍者大戦!3」(31000本/209000本)
23位「まわるメイドインワリオ」(22000本/319000本)
27位「パワプロクンポケット7」(16000本/76000本)
28位「マリオテニスGC」(15000本/286000本)
30位「ふたりはプリキュア ありえな〜い!夢の国は大迷宮」(12000本/25000本)
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  2. 話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

    話題のホラーゲーム『Year Of The Ladybug』開発中止

  3. 【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

    【セミナーレポート】スマホゲームのシナリオメイクはどうあるべきか?Wright Flyer Studios主催の業界交流イベント

  4. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  5. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  6. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2006年1月9日-15日

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 元CC2の渡辺雅央氏が独立!すでにスマートフォン向けゲームを制作中の模様

  9. アークシステムワークスがアメリカ現地法人として「Arc System Works America, Inc.」を設立

  10. セガサミー、『PSO2』好調維持『艦これアーケード』堅調で大幅増益―3Q決算

アクセスランキングをもっと見る