人生にゲームをプラスするメディア

第8回「CESA GAMEAWARDS」受賞作品発表

ゲームビジネス その他

社団法人コンピュータエンタテインメント協会(CESA)が主催する第8回CESA GAMEAWARDSの受賞作品が発表されました。これは2003年4月1日から2004年3月31日までに発売された家庭用ゲームソフトを対象とした表彰式です。

「GAME AWARDS 2003-2004」受賞作品一覧

【最優秀賞】

モンスターハンター(PS2・カプコン)

【優秀賞】

鬼武者3(PS2・カプコン)

塊魂(PS2・ナムコ)

逆転裁判3(GBA・カプコン)

グランド・セフト・オートIII(PS2・カプコン)

戦国無双(PS2・コーエー)

テイルズオブシンフォニア(GC・ナムコ)

ドラゴンクエストV 天空の花嫁(PS2・スクウェア・エニックス)

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン(GBA・ポケモン)

みんなのGOLF4(PS2・SCE)

WORLD SOCCER Winning Eleven 7(PS2・コナミ)

【ベストセールス賞】

ポケットモンスター ファイアレッド・リーフグリーン(GBA・ポケモン)

【グローバル賞】

エキサイティングプロレス5(PS2・ユークス)

Need for Speed Underground(PS2・エレクトロニック・アーツ)

【特別賞】

EyeToy:Play(SCE)

剣神ドラゴンクエスト 甦りし伝説の剣(スクウェア・エニックス)

ファミコンミニ シリーズ(任天堂)


この他、東京ゲームショウ2004に出展された作品の中から選ぶ「GAME AWARDS FUTURE」ではカプコンのゲームキューブ用ソフト『バイオハザード4』や、同じくカプコンのゲームボーイアドバンス用ソフト『ロックマン エグゼ 5 チームオブブルース・チームオブカーネル』などが選ばれました。また、今回新設された未製品化作品を対象にした「GAME AWARDS INDIES」に生島大さん制作の『バーガーメーカー』(PC)が大賞に選出されました。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

    一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 国民的RPGをVRで体験! 『ドラゴンクエストVR』4月27日稼働─戦士や僧侶、魔法使いとなってゾーマ城を目指せ

  5. 突破口はTwitterで切り開く!ポケラボ「クロサマ感謝祭~24時間生放送~」舞台裏を聞く

  6. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  7. 【e-Sportsの裏側】韓国トップランナーが説く、Eスポーツビジネス論―「市場は選手が作る」

  8. 2018年4月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  9. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  10. 2007年のオタク市場規模は1866億円―メディアクリエイトが白書

アクセスランキングをもっと見る

1