人生にゲームをプラスするメディア

WWEがライセンスを持つTHQとJakksを提訴

ゲームビジネス その他

World Wrestling EntertainmentはWWEのライセンスを付与されているTHQと玩具メーカーのJakks Pacificに対してWWEのライセンス付与は無効だとしてニューヨーク地方裁判所に無効の確認を申し立てました。両社は2009年12月までの長期に渡るライセンスを持っています。

申し立ては恐喝、贈賄、マネーロンダリングなど16の罪を訴えていて、指名された被告はJakks Pacific、THQの2社に加えてWWEのライセンス業務を受け持っていたStanley Shenker & AssociatesとBell Licensing、更にJakkの役員のJack Friedman、Stephen Berman、Joel Bennett、Stanley Shenkerそして元WWEの副社長来ライセンシング&マーチャンダイジングのJames Bellです。

訴状は、1998年にアクレイムとのライセンス契約が終了したのを期に、Jakksから10万ドルの資金が出て、WWEでライセンスを管理する立場にあったJames Bellとライセンス業務を請け負っていたSSAが工作を行ったと主張しています。WWEはこの時にTHQやアクティビジョンなどがより良い条件で提案を行っていたにも関わらずJakksに決定され、その後JakksずTHQに業務提携を持ちかけ合意したと主張しています。

WWEはこの不当な契約によってもちらされた損害の賠償とライセンス契約の無効を訴えています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

    【CEDEC 2013】「日本のゲームは海外で通用しない」なんてウソ!? フランスにおける日本コンテンツの人気の実態

  2. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

    任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  3. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

    9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  4. セガが中国テンセントと協業しPC向けプラットフォーム「WeGame」へ進出―第1弾は『戦場のヴァルキュリア』

  5. VRコントローラー「Oculus Touch」海外発売日と価格が発表

  6. ジェダイ体験できる「スター・ウォーズ」のVRゲーム『TRIALS ON TATOOINE』映像公開

  7. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  8. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  9. 【レポート】PSVR『アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション』身長190cmになって全力でペンライトを振ってみた

  10. 【レポート】「ボトムズ」の筐体型VRゲーム『バトリング野郎』の再現度が“むせる”ほど高い!鉄の棺桶を実際に体験

アクセスランキングをもっと見る