人生にゲームをプラスするメディア

『リッジレーサーDS』インプレッション

任天堂 DS

ナムコはニンテンドーDS向けに『リッジレーサーDS』を発表しました。残念ながら日本でのリリースは予定されていませんが、コントロール以外の点では非常に良い出来となっているようです。タッチスクリーンや音声認識など新しいコントロールを提供するDSですが、これを生かす方法を見つけ出すのは中々大変なようです。

以下はGameSpotによるインプレッションです。




ナムコは『リッジレーサーDS』と名付けられたシリーズ最新作をGamer's Summitで発表しました。私達が遊んだ開発中のバージョンを見る限り、ナムコは任天堂の『スーパーマリオ64DS』と『スーパーマリオ64』と同じアプローチを取りました。『リッジレーサーDS』の場合は『リッジレーサー64』です。ゲームは移植である代わりに、ナムコはDSの特徴であるワイヤレス通信やタッチスクリーンを利用しました。

デモは「クイックレース」・「シングルプレイ」・「マルチプレイ」の3つのモードが用意されていました。「クイックレース」は私達がその名前に期待するものを提供し、利用可能な全てのコースを使ってレースができます。「シングルプレイ」は自分の実力を試すことのできるグランプリ、タイムアタック、カーアタックの3つのモードが用意されます。マルチプレイではワイヤレス通信を使って2〜5人で対戦ができます。

私達は「シングルプレイ」と「マルチプレイ」を試しました。まずグラフィックは、テクスチャ、色、高いフレームレートなど一定水準を満たしています。幾つかのエフェクト、バックライトブラーなどはN64版を超えています。しかし現在開発中のゲームなので、最終評価は差し控えたいと思います。1つの問題はハンドリングと2つの画面を見ることの大変さです。ナムコはDSのタッチスクリーンを生かす為に、ハンドルをタッチスクリーンで操作できるオプションを用意しました。アイデアは必然的なものですが、操作は大変で、特にカーブの角度がきつい場合面倒です。またコントロールは今の所直感的に感じられるものではありません。上手く行けば発売前にこれは改善される余地があります。コアのゲームやマルチプレイは充実している一方で、コントロールはユーザーにとって大きな問題です。

現時点では『リッジレーサーDS』はきたいできる同発ラインナップへのエントリーです。良いアーケードスタイルのレースゲームは常に歓迎されます、しかしコントロールはレースがスタートする前に改善されるべきです。ポジティブな面では、ビジュアル面や充実したレースオプションは評価できます。もしナムコがコントロールのスィートスポットを見つけることができたなら、『リッジレーサーDS』は時間を費やして遊ぶに相応しいゲームとなるでしょう。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

    『スプラトゥーン2』の「ハイパープレッサー」、前夜祭と製品版では一部仕様が変更

  2. 【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

    【特集】『スプラトゥーン2』発売日レポート in ポーランドー欧州のイカ人気は如何に?

  3. 『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

    『スプラトゥーン2』amiiboでもらえる制服や忍者ギアの情報が公開、前作の特別なギアも!

  4. 『スプラトゥーン2』初回の「サーモンラン」募集は15時から!

  5. 「『ドラクエXI』が楽しみすぎる人たち」なCMに中村勘九郎や唐沢寿明などが出演─“ドラクエ”エピソードも披露

  6. 【読者アンケート】『スプラトゥーン2』休暇を取った人いる?

  7. 「ミニ スーパーファミコン」予約状況や発売時期、収録タイトルなど現時点での情報まとめ

  8. 任天堂が欧州でニンテンドウ64コントローラーの商標を出願―「ミニニンテンドウ64」への期待高まる

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. このビッグウェーブを見過ごすな! 『スプラトゥーン2』発売後3日間は「サーモンラン」の募集が高頻度に

アクセスランキングをもっと見る