人生にゲームをプラスするメディア

ニンテンドーDSの正式スペック公開

任天堂 DS

ニンテンドーDSのサイズや画面などの正式スペックが公開されました。国内での発売日は12月2日、価格は15,000円と決定しました。価格は非常に抑えられたものと評価できるのではないでしょうか。


サイズ/重さ(折りたたみ時)
84.7mm 横:148.7mm 厚み:28.9mm
重さ 約275g(内蔵充電池、タッチペン含む)
ディスプレイ
上下に2枚の液晶を採用することで同時に2つの視点からゲームを経験でき、更に下画面にタッチペンや指で直接触れて入力できるタッチパネルを採用したことで、史上初の「直感的ゲームプレー体験」を実現しました。
上画面 3インチ(対角)半透過反射型TFTカラー液晶 バックライト付き 256×192ピクセル解像度、0.24mmドットピッチ 26万色表示
下画面 3インチ(対角)半透過反射型TFTカラー液晶 バックライト付き 256×192ピクセル解像度、0.24mmドットピッチ 26万色表示 抵抗膜方式透明アナログタッチパネル付き
主な操作部
十字ボタン、A/B/X/Yボタン、L/Rボタン、START/SELECTボタン
タッチスクリーン(タッチペン、タッチストラップ付き)
内蔵マイク(ソフトにより音声認識可能)
プレイヤーは将来音声だけでゲームを操作することができるようになるかもしれません。
入出力端子
DSカード差し込み口
ゲームボーイアドバンスカートリッジ差し込み口
ステレオヘッドホン/マイク接続端子
無線ワイヤレス通信機能
IEEE802.11対応および任天堂独自プロトコルの2方式に対応
電波到達距離:10m〜30m(周辺環境により異なります)
ソフト次第で1つのDSカードで複数のニンテンドーDSを用いた多人数プレー可能
内蔵マイクを使えば、インターネットを利用したプレー中のボイスチャットも実現可能です。
CPU
新たに開発されたグラフィックエンジンを内蔵し、優れた描画能力を実現しています。
ARM9 CPUおよびARM7 CPU
サウンド
ステレオスピーカー内蔵(ソフトによりバーチャルサラウンド可能)
その他の機能
リアルタイムクロック内蔵(日付・時刻表示/アラーム機能)
タッチスクリーンキャリブレーション
「ピクトチャット」内蔵
DS本体さえあれば、内蔵された「ピクトチャット」を使い、最大16台のDS間で文字や手書きの絵をワイヤレス交信するコミュニケーション遊びが可能です。
カスタマイズ設定
起動モード切替え
使用言語:日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語
ゲームボーイアドバンスゲーム表示時、上下画面切替え
ユーザー情報
電源およびバッテリー
内蔵リチウムイオン充電池
電池持続時間:概ね6〜10時間(使用するソフトにより異なります)
フル充電時間:4時間
スリープモードなど電源管理による省電力機能
ACアダプタ付き
対応ソフト
ニンテンドーDS専用カード
ゲームボーイアドバンス専用カートリッジ
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

    『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  2. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較し

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較し

  3. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  4. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  5. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  6. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 任天堂、スイッチの品薄状態について声明発表―7月8月は出荷量を増やす

  9. 【Wii U DL販売ランキング】Wii版『ピクミン』シリーズのダウンロード版が登場、VC『エキサイトバイク64』もランクイン(6/26)

  10. 3DS『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』新ポケモン2匹の姿をお披露目、その正体とは…?

アクセスランキングをもっと見る