人生にゲームをプラスするメディア

「アドバンスガチャポン」の市場実験開始、本格稼動は10月から

am3は「アドバンスムービー」の自動販売機「アドバンスガチャポン」の市場実験をこの夏休みから開始すると明らかにしました。「アドバンスガチャポン」は通常のガチャポンと同程度の大きさの端末で100〜400円の安価でアドバンスカードを書き換えられます。端末の前面には液晶が付いていて、ムービー紹介などがされます。

任天堂 GBA
am3は「アドバンスムービー」の自動販売機「アドバンスガチャポン」の市場実験をこの夏休みから開始すると明らかにしました。「アドバンスガチャポン」は通常のガチャポンと同程度の大きさの端末で100〜400円の安価でアドバンスカードを書き換えられます。端末の前面には液晶が付いていて、ムービー紹介などがされます。



8月1日からの市場実験では、ポケモンセンター、玩具店、家電店など20店舗に端末が設置され「ポケモン第1〜4話」のコンテンツを一回300円で書き換えられるようになり、店内ではブランクメディア(32MB、1980円)の販売も行われます。

本稼動は10月1日からで、全国での展開が始まり、今年末には全国で3000台、来年7月末までに全国10000台の設置を予定しているとのこと。10月1日からは「ポケモン第1〜8話」が提供され、このコンテンツは基本的に一ヶ月に一回更新されていくそうです。

書き換えられるコンテンツは当初はムービーのみですが、今後は既に発表済みのアドバンスコミック(マンガ再生)や開発中のアドバンスピクチャー(静止画・写真)、アドバンスナビ(ガイド・地図)、アドバンスミュージック(音楽)などの提供も行う計画だそうです。

書き換えはディスクシステム、ニンテンドーパワーに次いで3度目となりますが、どんな風になるか楽しみですね。ちなみに運営・企画はam3、端末販売・コンテンツ販売・代金回収はハピネット、コンテンツ管理はIMAGICAで任天堂は関与しないみたいですが。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  2. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

    『ポケモン スカーレット・バイオレット』で話題の「ナンジャモ」は、もしかして「ボタン」!? ぼくっ娘、男の娘、バーチャルなど様々な説が飛び交う

  3. 『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

    『モンハンライズ』の新スキル「鬼火纏」って何?驚くべき強さの秘密や注意点まで徹底解説

  4. 『ダイパ』や『あつ森』は要注意!? 2台目スイッチ、遊び方やセーブ管理の注意すべきポイント

  5. 『ポケモン』野球ファン必見!独特な投球フォームの元ネタ3選

  6. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』の「キャラメイク」で作れる“可愛さ”は性別を超えた!? 男の子もゆるふわヘアーでバサバサまつげ!

  7. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  8. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』新御三家はだれを選ぶ?2,000人以上が投票したアンケート結果発表!

  9. 『ポケモン スカーレット・バイオレット』「コライドン」バイク形態における、胸の丸い部分は「車輪」にならない!? その意外な正体に驚愕……!

  10. 『ポケモン ダイパリメイク』で「たんパンこぞうのユウタ」がナーフ!原作で“序盤の最難関”だった彼が慈悲深くなる

アクセスランキングをもっと見る