人生にゲームをプラスするメディア

「アドバンスガチャポン」の市場実験開始、本格稼動は10月から

am3は「アドバンスムービー」の自動販売機「アドバンスガチャポン」の市場実験をこの夏休みから開始すると明らかにしました。「アドバンスガチャポン」は通常のガチャポンと同程度の大きさの端末で100〜400円の安価でアドバンスカードを書き換えられます。端末の前面には液晶が付いていて、ムービー紹介などがされます。

任天堂 GBA
am3は「アドバンスムービー」の自動販売機「アドバンスガチャポン」の市場実験をこの夏休みから開始すると明らかにしました。「アドバンスガチャポン」は通常のガチャポンと同程度の大きさの端末で100〜400円の安価でアドバンスカードを書き換えられます。端末の前面には液晶が付いていて、ムービー紹介などがされます。



8月1日からの市場実験では、ポケモンセンター、玩具店、家電店など20店舗に端末が設置され「ポケモン第1〜4話」のコンテンツを一回300円で書き換えられるようになり、店内ではブランクメディア(32MB、1980円)の販売も行われます。

本稼動は10月1日からで、全国での展開が始まり、今年末には全国で3000台、来年7月末までに全国10000台の設置を予定しているとのこと。10月1日からは「ポケモン第1〜8話」が提供され、このコンテンツは基本的に一ヶ月に一回更新されていくそうです。

書き換えられるコンテンツは当初はムービーのみですが、今後は既に発表済みのアドバンスコミック(マンガ再生)や開発中のアドバンスピクチャー(静止画・写真)、アドバンスナビ(ガイド・地図)、アドバンスミュージック(音楽)などの提供も行う計画だそうです。

書き換えはディスクシステム、ニンテンドーパワーに次いで3度目となりますが、どんな風になるか楽しみですね。ちなみに運営・企画はam3、端末販売・コンテンツ販売・代金回収はハピネット、コンテンツ管理はIMAGICAで任天堂は関与しないみたいですが。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

    任天堂のインパクトある悪役10選【特集】

  2. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

    任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  3. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

    任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  4. 「噂の『新型ニンテンドースイッチ』に期待する新要素は?」結果発表―価格低下や性能強化、サイズ変更など様々な変化が望まれる!【読者アンケート】

  5. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  6. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  7. 任天堂の“プリンセス”10選 ─ 実はディズニーにも負けてないほど多い!?

  8. カプコンのスイッチ向け人気タイトルがBest Price版になって発売決定!『モンハンXX』『ウルストII』の2作品

  9. 任天堂の不思議なキャラ10選

  10. スイッチ版『Diablo III: Eternal Collection』の本体バンドルが海外発表! 専用キャリングケースも付属

アクセスランキングをもっと見る