人生にゲームをプラスするメディア

「アドバンスガチャポン」の市場実験開始、本格稼動は10月から

任天堂 GBA

am3は「アドバンスムービー」の自動販売機「アドバンスガチャポン」の市場実験をこの夏休みから開始すると明らかにしました。「アドバンスガチャポン」は通常のガチャポンと同程度の大きさの端末で100〜400円の安価でアドバンスカードを書き換えられます。端末の前面には液晶が付いていて、ムービー紹介などがされます。



8月1日からの市場実験では、ポケモンセンター、玩具店、家電店など20店舗に端末が設置され「ポケモン第1〜4話」のコンテンツを一回300円で書き換えられるようになり、店内ではブランクメディア(32MB、1980円)の販売も行われます。

本稼動は10月1日からで、全国での展開が始まり、今年末には全国で3000台、来年7月末までに全国10000台の設置を予定しているとのこと。10月1日からは「ポケモン第1〜8話」が提供され、このコンテンツは基本的に一ヶ月に一回更新されていくそうです。

書き換えられるコンテンツは当初はムービーのみですが、今後は既に発表済みのアドバンスコミック(マンガ再生)や開発中のアドバンスピクチャー(静止画・写真)、アドバンスナビ(ガイド・地図)、アドバンスミュージック(音楽)などの提供も行う計画だそうです。

書き換えはディスクシステム、ニンテンドーパワーに次いで3度目となりますが、どんな風になるか楽しみですね。ちなみに運営・企画はam3、端末販売・コンテンツ販売・代金回収はハピネット、コンテンツ管理はIMAGICAで任天堂は関与しないみたいですが。
《土本学》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  7. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  8. 任天堂、ミニファミコンの生産を「一旦終了」と発表─生産再開は未定

  9. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

  10. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

アクセスランキングをもっと見る