人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂が「ニンテンドー・ストリート・チーム」を発表

任天堂オブアメリカは夏休みに各地のイベントに参加してゲームキューブやゲームボーイアドバンスをプレイしたり芸をしたりする宣伝チーム「ニンテンドー・ストリート・チーム」に選ばれた48人を発表しました。

ゲームビジネス その他
任天堂オブアメリカは夏休みに各地のイベントに参加してゲームキューブやゲームボーイアドバンスをプレイしたり芸をしたりする宣伝チーム「ニンテンドー・ストリート・チーム」に選ばれた48人を発表しました。

シカゴ、アトランタ、ダラス、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルの6つの街で活躍するチームが結成され、参加者は3日間の日給100ドルの他に、最も優秀なチームには40000ドルが送られます。参加者達は現在、任天堂のキャンプでゲームの特訓を行っているそうです。

ロサンゼルスではTroy McClainがビーチを「役員室」にしてチームをリードします。「ニンテンドー・ストリート・チームは最高の夏休みの仕事です。役員室はなく、CEOは居なくて、解雇されることもない。任天堂ゲームを遊んでお金がもらえ、運がよければ40000ドルも! これより良い仕事が何処にあるでしょうか!」と話しています。

チームはカラオケを披露したり、子供チャリティーのイベントに参加したりして、最も上手くやったチームにはポイントが与えられます。また公式サイトにこの様子やチームメンバーの日記などが公開され、登録者は評価してポイントを与えることができます。サイトから参加した人の中から抽選で名誉ニンテンドー・ストリート・チームになる権利を得られるチャンスもあるそうです。

ニンテンドー・ストリート・チームの参加者のプロフィールなど詳細はhttp://www.nintendostreetteam.comで確認できます。
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. アニメの世界からVRゲームの世界へ―『東京クロノス』『ALTDEUS: Beyond Chronos』開発陣は黎明期のVRゲームに何を見出したのか

    アニメの世界からVRゲームの世界へ―『東京クロノス』『ALTDEUS: Beyond Chronos』開発陣は黎明期のVRゲームに何を見出したのか

  2. 【おしらせ】Yahoo!JAPAN IDでのログインに対応しました

    【おしらせ】Yahoo!JAPAN IDでのログインに対応しました

  3. 【週間売上ランキング】PSPに歴代テイルズキャラ大集合!『TOW レディアントマイソロジー2』1位(1月26日〜2月1日)

    【週間売上ランキング】PSPに歴代テイルズキャラ大集合!『TOW レディアントマイソロジー2』1位(1月26日〜2月1日)

  4. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  5. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  6. グリー、健全化に関する取り組みを公開 ― 超過課金者1118人に2433万円を返還

  7. 日本一ソフトウェア、平成27年3月期第1四半期決算を発表 ― 国内外あわせて全6タイトル発売するも1500万円の赤字

  8. 和解金は22億円:振動コントローラーに関する訴訟でマイクロソフトと米Immersion社に決着

  9. 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

  10. エレクトロニック・アーツ、「Steam」のValveに約800億円で買収提示?

アクセスランキングをもっと見る