人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂が「ニンテンドー・ストリート・チーム」を発表

ゲームビジネス その他

任天堂オブアメリカは夏休みに各地のイベントに参加してゲームキューブやゲームボーイアドバンスをプレイしたり芸をしたりする宣伝チーム「ニンテンドー・ストリート・チーム」に選ばれた48人を発表しました。

シカゴ、アトランタ、ダラス、ニューヨーク、ロサンゼルス、シアトルの6つの街で活躍するチームが結成され、参加者は3日間の日給100ドルの他に、最も優秀なチームには40000ドルが送られます。参加者達は現在、任天堂のキャンプでゲームの特訓を行っているそうです。

ロサンゼルスではTroy McClainがビーチを「役員室」にしてチームをリードします。「ニンテンドー・ストリート・チームは最高の夏休みの仕事です。役員室はなく、CEOは居なくて、解雇されることもない。任天堂ゲームを遊んでお金がもらえ、運がよければ40000ドルも! これより良い仕事が何処にあるでしょうか!」と話しています。

チームはカラオケを披露したり、子供チャリティーのイベントに参加したりして、最も上手くやったチームにはポイントが与えられます。また公式サイトにこの様子やチームメンバーの日記などが公開され、登録者は評価してポイントを与えることができます。サイトから参加した人の中から抽選で名誉ニンテンドー・ストリート・チームになる権利を得られるチャンスもあるそうです。

ニンテンドー・ストリート・チームの参加者のプロフィールなど詳細はhttp://www.nintendostreetteam.comで確認できます。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  2. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

    企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  3. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

    ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  4. トレーディングカードゲーム市場、1000億円規模を突破 ― 「ヴァンガード」シェア拡大

  5. 元CC2の渡辺雅央氏が独立!すでにスマートフォン向けゲームを制作中の模様

  6. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  7. マイクロソフトが『マインクラフト』で人工知能の学習能力を研究、今夏オープンソースで公開予定

  8. マイクロソフトのVR「HoloLens」が本格化!NASAが火星探索を体験できる専用アプリを開発

  9. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  10. ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

アクセスランキングをもっと見る