人生にゲームをプラスするメディア

Krome Studiosが次世代機向けゲーム開発に着手

ゲームビジネス その他

オーストラリア最大のゲームデベロッパー、Krome Studiosは現在コナミの『キング・アーサー』、EAの『タイ・ザ・タスマニアンタイガー2』を開発中である事を発表しました。また、次世代機向けのゲーム開発にも着手したそうです。

「Kromeの将来は有望で、また現在のエンターテイメント業界での地位に興奮しています。Kromeはパブリッシャーとの良好な関係を持つことを誇ります。また私達は革新的な技術を生み出す力を持ち、これらが私達の成功を実現したと思います」とCEOのRobert Walshは話しました。

Kromeは豪州最大の規模の独立系デベロッパーでスタッフは約120名。創業は1999年で『タイ・ザ・タスマニアンタイガー』などを開発してきました。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

    ゲーム会社が本気でスマホソーシャルゲームに挑む、サイバーコネクトツー『ギルティドラゴン 罪竜と八つの呪い』・・・第1回「3Dモバイルゲーム新時代」

  2. 【CEDEC 2014】開発会社どうしがガチンコトーク。バイキングとジェムドロップが考える「理想の協業関係」とは?

    【CEDEC 2014】開発会社どうしがガチンコトーク。バイキングとジェムドロップが考える「理想の協業関係」とは?

アクセスランキングをもっと見る