人生にゲームをプラスするメディア

英国のタブロイド紙が任天堂を非難

ゲームビジネス その他

英国最大の発行部数を誇るタブロイド紙「The Sun」は『マリオカートダブルダッシュ』などでてんかんを引き起こす可能性があると「脳のトップエキスパート」が話していると伝えました。

アストン大学の神経心理学のグレアム・ハーディング教授は「危険を伴う可能性を排除する為にフラッシュなどを制限するガイドラインが必要」と述べています。

教授の研究によれば『マリオカートダブルダッシュ』に危険が多く、他には『スーパーマリオサンシャイン』や『メトロイドプライム』やカプコンの『ロックマンX』で、4000人に1人がてんかんを起こす可能性があるそうです。

既に任天堂を含むゲームの説明書には警告が表記されていますが、教授はパッケージやゲーム画面に表示する必要があると要求しています。

任天堂はビデオゲームはてんかんの原因にならない、と否定しています。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. 宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

  6. Oculus代表パルマー・ラッキーがPSVRに言及、「ハイエンド・パワフルではない」

  7. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  10. すき家で「マリオオリジナルパズルプレゼント」キャンペーン

アクセスランキングをもっと見る