人生にゲームをプラスするメディア

第8回 CESA GAME AWARDの実施が決定

ゲームビジネス その他

社団法人コンピュータエンターテインメント協会(CESA)は、プラットフォームの種類に制限を設けず、優れたコンピュータエンターテインメントソフトウェア作品を表彰する「第8回 CESA GAME AWARD」を実施すると発表しました。

CESA GAME AWARDは、コンピュータエンターテインメントをひとつの文化として捉え、その振興を図るとともに、コンピュータエンターテインメント産業の発展に寄与することを目的に1996年より同協会が主催してきました。

第8回CESA GAME AWARDでは、発売作品を対象とする『GAME AWARDS 2003-2004』(2003年4月1日から2004年3月31日までの間に国内で発売された作品が対象)、未発売作品を対象とする『GAME AWARDS FUTURE』(2004年9月24日〜26日の期間中に幕張メッセにて開催される「東京ゲームショウ2004」にて発表・展示された未発売作品を対象にに加え、製品化作品を対象とする)に加え、今回から未製品化作品を対象とする『GAME AWARDS INDIES』(埋もれている作品や新たな才能の発掘のため、プロ・アマ問わず未製品化を募集し、優秀な作品を選出)が新たな表彰カテゴリーとして設けられました。

CESAでは『GAME AWARDS 2003-2004』の一般投票と、『GAME AWARDS INDIES』の作品応募を5月1日から8月31日まで同協会サイトで受け付けていて、その後「CESA GAME AWARD」選考委員会によって各賞が決定されます。受賞作品は10月下旬頃に発表される予定です。

投票者の中から抽選で、20万円相当の旅行券やPSX、ニンテンドーゲームキューブ、Xboxなどが各1名にプレゼントされる他、「GAME AWARDS INDIES」の大賞(1作品)には賞金50万円、 優秀賞(該当数)には5万円が贈られるので、興味のある方は投票または応募してみてはかがでしょうか。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

    ゲームボーイ版『マインクラフト』はこんな感じ?―レトロ愛が伝わるファンメイド映像が公開

  2. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  5. 巨大なゲーム市場、大人は消費し若者は無料で遊ぶ【オールゲームニッポン】

  6. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  7. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  8. リアルタイムカードゲーム『ラストグノウシア』開発・配信がブシロードからダイダロスに移管

  9. 【PS Vitaゲームカンファレンス】徹底した最適化でフル解像度、60FPSを実現した『パワースマッシュ4』

  10. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

アクセスランキングをもっと見る