人生にゲームをプラスするメディア

CRI・ミドルウェアがサウンドオーサリングシステム「CRI Sound Factory」を発表

CRI・ミドルウェアが、ゲーム開発者向けサウンドオーサリングシステム「CRI Sound Factory」の提供を開始する事を発表しました。

ゲームビジネス その他
CRI・ミドルウェアが、ゲーム開発者向けサウンドオーサリングシステム「CRI Sound Factory」の提供を開始する事を発表しました。
マルチプラットホームでの開発に対応した物としては世界で始めてリアルタイムに変化する効果音の作成を助けるICSに対応しました。

「CRI Sound Factory」はサウンドデザイナーのニーズから生まれたサウンドオーサリングシステムです。リバーブやディレイ、ポジショニングといった「音場」を、実際のゲーム機で再生・確認しながらデザインすることができます。

これまでのゲーム開発においてはサウンドオーサリングの作業はプログラマの協力が不可欠でしたが、この製品を使用することによりサウンドデザイナーが思い通りの演出を作成することが可能になります。

今では多くのゲームに採用されているドルビーデジタル/プロロジックIIにも対応していて、迫力の3Dサウンドを容易に作成できます。また、ゲームキューブ、PS2、Xboxなどの機種にマルチプラットホームに対応しており、異機種間での移植や複数ハードでの並行開発に力を発揮します。同社の「CRI ADX」との連携にも対応しています。

ICS(Interactive Controlled Sound)はこの製品の大きな特徴で、プレイヤーの操作やゲームの状況に応じてリアルタイムに変化する効果音の作成を助けます。例えば、エンジン音であれば、エンジンの回転数に応じたリアルな効果音を作成できます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

    タニタが「ツインスティック・プロジェクト」に再挑戦!前回の反省を踏まえ、より高性能な商品を目指す

  2. 2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年10月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

    『FINAL FANTASY XIV: 新生エオルゼア』を支える中国のデベロッパー・・・バーチャスインタビュー(後編)

  4. 【NDC17】キーワードは「共感」、初音ミクが世界に広がっていった理由

  5. 【CEDEC 2014】知っておきたいゲーム音楽著作権、JASRACが教える有効な利用法

  6. 任天堂、CSRレポート2009を公開・・・「任天堂に関わるすべての人を笑顔にする活動」

  7. USJのVRジェットコースター「XRライド」がヤバ過ぎる…レールのない空間を走り、前振りなく急落下する

  8. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  9. 「Gear VR」レンタルがDMMで開始、3日間で5,000円

  10. 今週発売の新作ゲーム『ソウルキャリバーVI』『END OF ETERNITY 4K/HD EDITION』『DARK SOULS REMASTERED』『無双OROCHI3』他

アクセスランキングをもっと見る