人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、企業のM&Aを視野に特別資金を準備

東洋経済新聞社によると、任天堂は企業のM&A(合併&買収)を視野に特別資金を準備しているということです。しかし、その金額は明らかになっていません。

ゲームビジネス その他
東洋経済新聞社によると、任天堂は企業のM&A(合併&買収)を視野に特別資金を準備しているということです。しかし、その金額は明らかになっていません。

レポートは、任天堂はこの資金で自社にはない新技術を取得したいようだと伝えています。殆どが自前調達のソニーなどとは違い、任天堂はゲームキューブの主要コンポーネントを外部に依存しています。この状況を打開するため、ハードウェア開発能力を新技術買収により拡大しようとしているのか、又は新たな可能性を探っているのかは定かではありません。

任天堂が約7000億円あまりもの潤沢な資金を蓄えているのは有名な話です。これらの資金をどう生かして、どのような新技術の買収を計画し、どの方向に活路を見出そうとしているのか、今後の動きに注目です。
《クリ坊》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

    今週発売の新作ゲーム『ACE COMBAT 7: SKIES UNKNOWN』『Travis Strikes Again: No More Heroes』『鬼武者』他

  2. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

    【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  3. ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

    ディライトワークス、「FGOスタジオ」を含む6つの制作部門を新設─塩川氏は第1制作部を指揮

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. ポケモンが現実世界と仮想世界を繋いでいく、20年目の挑戦・・・株式会社ポケモン代表取締役社長・石原恒和氏インタビュー

  6. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  7. 2周年を迎えた「PSVR」に読者からコメント─「最高に楽しい!」「名作インディーゲームの宝庫」「課題は多し」など、賞賛から指摘まで【アンケート】

  8. 開発スタッフ全員の「挑戦」が支える『FGO』スタジオの確かな技術力…テクニカルディレクターに訊く

  9. バンナム「カタログIPオープン化プロジェクト」続報…企画審査を通過した法人と企画名が公開

  10. 秋葉原の洋ゲーショップ「ゲームハリウッド」2月24日で閉店

アクセスランキングをもっと見る