人生にゲームをプラスするメディア

【DEVELOPER PROFILE】第9回 ジニアス・ソノリティ株式会社

任天堂 その他

2002年2月1日、山名学氏が代表を勤める有限会社ハートビートが突如、ゲーム開発事業から撤退すると公式サイトで発表しました。同社はエニックスの『ドラゴンクエストVI(SFC)』・『同VII(PS)』・『同IV(PS)』・『同III(SFC)』・『弟切草(SFC)』の開発を10年間に渡って開発し続けていました。発表では理由等は明かされませんでした。

それから半年後の8月7日、またまた何の前触れも無く、ジニアス・ソノリティ株式会社の設立が発表されます。代表は山名氏で出資は山名氏が52.9%で任天堂と株式会社ポケモンが19.5%ずつです。「才気が心に響き渡る」という意味を込めた同社はゲームキューブでの大作RPGを開発すると説明されました。

主要スタッフを紹介していきます。代表はドラクエや弟切草を手掛けた山名学氏。企画室長にはフリーランスとして『MOTHER 2』や「ポケモンカード」に関わってきたゲームデザイナーの三浦明彦氏。取締役制作統括責任者にはドラクエなど多数のゲーム・TV・映画の音楽手掛ける多和田束氏が着いています。

豪華なスタッフが結集して最初の作品は『ポケモンコロシアム』でした。事の発端は2002年の6月頃で、ハードビートを辞めてフリーの立場になっていた、山名氏らに株式会社ポケモンが話を持ちかけ、会社を設立して開発する事になったそうです。『ポケモンコロシアム』はドラクエなどを開発したメンバーが多数在籍しているだけあって、据え置き機では初めてのRPGのポケモンも収録。世界観もこれまでのゲームとは少し違った思い切った物になっています。

今後もポケモン関連のゲームを手掛けるのか、それとももっと違ったゲームを作るのか分かりませんが、次回作にも注目が集まります。


事業所  東京都中央区日本橋3-2-5 川崎定徳ビル別館7F
設立   2002(平成14)年6月
代表者  代表取締役社長/山名 学
従業員数 9名
資本金  1億円
主要株主 山名 学/52.9%
     任天堂株式会社/19.5%
     株式会社ポケモン/19.5%
《土本学》

編集部おすすめの記事

特集

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  2. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

    まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  3. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

    『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  4. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  5. 任天堂なのにセクシーなゲームキャラ10選

  6. 【特集】“『スプラトゥーン2』あるある”10選、あなたはいくつ共感できる!?

  7. 【特集】『ゼルダの伝説 BotW』勇者のためのライフハック!冒険がちょっと楽しくなる6項目

  8. 『星のカービィ スターアライズ』いくつ知ってる?小ネタ10選【ネタバレ注意】

  9. 【特集】『ロックマン エグゼ』15周年特別スタッフ座談会!プリズムコンボ発覚から完結の理由まで

  10. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

アクセスランキングをもっと見る

1