人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、業績見通しを下方修正=経常利益650億円

ゲームビジネス その他

任天堂は3日4時30分より記者会見を行い2004年3月期及び2003年9月期中間決算の業績見通しを修正しました。

まず2004年3月期決算見通しは売上高3900(4100)億円、経常利益650( 800)億円、当期利益400(450)億円と修正されました。()内は修正前。連結決算は売上高5500(同)億円、経常利益950(1100)億円、当期利益600(650)億円となります。

更に2003年9月期決算見通しは売上高1700(1800)億円、経常利益-70(180)億円。当期利益-40(100)億円と赤字決算となる見込みとなりました。連結決算は売上高2100(2300)億円、経常利益-70(250)億円、当期利益-30(150)億円とこちらも赤字決算です。

詳細は追ってお伝えします。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー

    ニュース風の映像が簡単に作れる「アバターエージェントサービス×Live2D」―メガネっ娘アナウンサー"沢村碧”が生まれた背景とは?

  2. コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

    コナミ、新社長に上月拓也氏・・・上月景正氏は会長に専念

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  5. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

  6. 今週発売の新作ゲーム『ゼノブレイド2』『DOOM VFR』『The Surge』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

  7. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  8. 【インディペンデントゲームジャパン】大ヒットを続ける『パズドラ』の1年を5つの事実で振り返る

  9. まさかのメガドライブ新作『PAPRIUM』が発売決定!―蘇る16Bitアクション

  10. 日本の希望だ。ドラクエ、メルカリ【オールゲームニッポン】

アクセスランキングをもっと見る