人生にゲームをプラスするメディア

GBA用(ポケベル応用型?)通信アダプタが意匠登録済

任天堂 GBA

特許庁の特許電子図書館ホームページによると、任天堂が2002年10月7日付でGBA用の無線機器の意匠登録を行っていたそうです。この意匠登録のページではこの機器についてこのように説明しています。



【説明】
本物品は、無線送受信装置(ページャ等)を内蔵し、電子ゲーム器や携帯情報端末(PDA)等の携帯電子機器に着脱自在とされ、通常、該携帯電子機器に装着した状態で使用される。 具体的には、本物品の平面図から見て下部中央よりから突出するコネクタが、携帯電子機器に設けられたコネクタ接続部に差し込まれる。平面図において左右に突出する半円形状のつまみを押すことにより、平面図の下部左右から下方に突出した係合部材が回動し、携帯電子機器本体との係合または解除を可能とする。本物品に内蔵された無線送受信装置によって単体で電波を送受信する。また、係合することによって携帯電子機器との通信が可能となる。



画像がいくつか掲載されていますが、見た限り通信ケーブル端子、及び左右の周辺機器固定用ミゾ用のストッパー以外何も端子が見られないため純粋な周辺機器と捉えるのが妥当だと思われます。

そういや以前任天堂が鷹山とポケベルを応用したシステムを開発していたという話がありましたな。それが明らかにされた鷹山の中間決算説明会が2002年11月28日、意匠登録されたのは10月7日。

その時のコメントは「詳細は言えないが、任天堂からページャ(ポケットベル)関連の開発案件を受注している」と説明した。これは「ポケベルの端末というより、新たなアプリケーションを開拓するもの」ということでした。

この二者。どうみても何らかの関連があるというか同一のものであるように思えますが。
《織機 綺音》

任天堂 アクセスランキング

  1. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

    「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」予約状況や収録タイトルなど、現時点での情報まとめ

  2. 【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

    【レポート】スイッチ版『モンハン ダブルクロス』を体験!PROコン&Joyコンの操作性は如何に

  3. 【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

    【特集】同じタイトルでもこんなに違う!日本と海外のミニスーファミ収録タイトルのパッケージを比較してみた

  4. 『ゼルダの伝説 BotW』追加DLCの装備「ミドナの冠」を紹介! ミドナの意外な原点も判明

  5. 「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」国内は10月5日発売、海外版とは少し違う収録タイトルも発表

  6. ミニスーパーファミコン「SNES Classic」海外で9月発売!幻の『スターフォックス2』も収録

  7. SNES Classic生産台数はNES Classicより遥かに上―海外報道

  8. 「クラシックミニ ファミコン」全世界で150万台を販売、増産も実施中

  9. 『ドラクエXI』堀井雄二×鳥山明×すぎやまこういちの“史上初座談会”が実現─制作の裏話を赤裸々に語る

  10. 『ゼルダの伝説 BotW』DLC第一弾「試練の覇者」の装備品を公式ブログで紹介─原典の解説や秘話なども

アクセスランキングをもっと見る