人生にゲームをプラスするメディア

【イベントレポート】 Kフェス2003

ゲームビジネス その他

9日そして10日と幕張メッセで講談社主催で講談社スーパーキャラクターフェスティバル(Kフェス2003)が開催されました。以下はそのレポート。レポーターはまさとさんです(サイトはこちら)。

任天堂ブース

今回「メトロイド」繋がりか初めて出展した任天堂のブースは幕張メッセの階段を下りた直ぐ手前の一等地にあります。出展されているのは『ピクミン2』・『マリオゴルフ〜ファミリーアー』・『F-ZERO GX』・GBA『スーパーマリオアドバンス4』です。

今回の目玉は国内初登場の『ピクミン2』でしょうか。1人用と2人用の協力プレイの両方が楽しめました。操作などは前作を踏襲していて直ぐに馴染めました。発売は2003年末で価格は未定とありました。



『マリオゴルフ〜ファミリーアー』のコーナーでは次世代ワールドホビーフェアと同様に「ホールインワンチャレンジ」が行われていました。ホールインワンを出すと『マリオゴルフ』のGC版とGBA版そしてGC本体が貰えるという豪華な物ですが、5人がホールインワンを出してました。

『F-ZERO GX』ではデータの入ったメモリーカードを持参すると特製のエンブレムが貰えるというサービスを行っていました。もらえたのは下のマリオ・GCロゴ・アイアイの3つ。貴重な物なのですが告知不足のためかメモリーカードを持ってきている人は少なかったですね。




GBA『スーパーマリオアドバンス4』のコーナーでは自分のカートリッジを持っていくとマントマリオのカードが貰えるというサービスをしてました。カードを一度カードeリーダー+で読み込むとマントが3つ出ます。中断セーブだと一時記録なのでしっかりセーブしないと記録されないので注意が必要でした。

また、コミックボンボンで「ドクターマリオくん」が連載されている事もあって『ニンテンドーパズルコレクション』に収録されている『ドクターマリオ』を使って大会が行われました。大会は午前と午後に一回ずつ行われて、それぞれ160人と240人が参加し、予選3回を勝ち抜くと決勝戦に進めます。また優勝者は任天堂の社員で13年間毎日ドクターマリオをしているというドクター井上さんと対戦する事が出来ました。そしてそこで勝つとGBASPが貰えます。

私も参加してなんと午前・午後ともに決勝に上がる事が出来ました。午前は一回戦で負けてしまいましたが、午後は見事優勝。しかしさすがドクターは強い、対戦開始直後4連鎖を連発され負けてしまいました。決勝戦に出た4人には特製の絵皿がもらえました。


午前の部は11時30分から 午後の部 マリオから激励を受ける
決勝ステージイベント開始 この方がドクター井上さん 記念にもらえた絵皿


その他ブース

その他のブースはあまりチェックしていませんが、セガブースでは『ファンタシースターオンラインエピソードIIIカードレボリューション』・『激闘プロ野球』・PS2『頭文字D』が出展されていました。『PSOIII』はトライアルバージョンが出展されていて、体験するとエアーマグとうちわがもらえました。

ほか、SCEブースでは国内初公開の『グランツーリスモ3』の映像、コナミブースでは『実況パワフルプロ野球10』のPS2版体験版などが配布されていました。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. 2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年2月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. 【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

    【GDC 2014】家庭用ゲームと連携するコンパニオンアプリ、意味のあるアプリとは? 『アサシンクリード4』の事例

  4. 【Indie Japan Rising】同人ゲーム専門店は生き残れるのか?三月兎さんげっと店インタビュー

  5. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  6. Newsweekの「世界が尊敬する日本人100」にポケモンの田尻氏が

  7. 【週刊マリオグッズコレクション】第35回 広がるギャラクシーワールド「フィギュアキーホルダー」

  8. 【CEDEC 2012】ゲームを使って楽しくリハビリを、『樹立の森 リハビリウム』で見えた課題と期待

  9. 並列化時代の今、CUDAでGPUを使いこなすには―シリコンスタジオの開発者とNVIDIA担当者に訊く【読者プレゼントあり】

  10. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

アクセスランキングをもっと見る