人生にゲームをプラスするメディア

世界の企業ブランド、任天堂は32位で約1兆円

米誌ビジネスウィークはブランドのコンサルティング会社のインターブランド社と共同で調査した2003年の世界の企業のブランド価値を発表しました。コカコーラ、マイクロソフト、IBMが1,2,3位となり米国の企業のブランドが上位に並び強さを見せています。

任天堂 その他
米誌ビジネスウィークはブランドのコンサルティング会社のインターブランド社と共同で調査した2003年の世界の企業のブランド価値を発表しました。コカコーラ、マイクロソフト、IBMが1,2,3位となり米国の企業のブランドが上位に並び強さを見せています。

任天堂は32位にランク入りしています。その他、日本企業ではトヨタ(11位)、ホンダ(18位)、ソニー(20位)、キヤノン(39位)、パナソニック(79位)、日産(89位)が上位100社に入っています。任天堂とソニー以外は昨年度から価値が上昇しています。

任天堂のブランド価値は昨年度から11%減少して81億9000万ドル(日本円で約9764億円)。昨年度は92億1900万ドルでした。

全体として家電・製造業・コンピューター関連は上昇して金融やマスメディアなどは減少した形になりました。ビジネスウィークの編集長は「世界的に不安的な中でセールスを伸ばそうとした結果、ブランド価値を上昇させた傾向が見られた」としています。

コカコーラ、マイクロソフト、IBM、GE、インテル、ディズニー、ノキア、マルボロ、メルセデス、トヨタ、ヒューレットパッカード、シティバンク、フォード、アメリカンエクスプレス、ジレット、シスコ、、ホンダ、BMW、ソニー、ネスカフェ、バドワイザー、ペプシ、オラクル、サムソン電子、モルガン・スタンレー、メリルリンチ、ファイザー、メルク、以上上位30社。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

    『スマブラSP』設定の深さに思わずうなるスピリッツバトル10選

  2. 『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

    『スマブラSP』小ネタ8選!知ってるとより大乱闘を楽しめるかも!?

  3. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

    『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  4. 『スマブラSP』一番人気のファイターは“奇妙なアイツ”!1,164票から選ばれたTOP10を紹介【読者アンケート】

  5. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  6. スイッチ版『大乱闘スマッシュブラザーズ』に参戦したら嬉しいゲストキャラ10選

  7. 『スプラトゥーン2』新ギア「メイン性能アップ」のヒミツを検証!発生する効果はなんと10種類

  8. 『スマブラSP』特定のスピリッツが出現しやすい「スピリッツイベント」12月14日より開催! “メガネキャラ”ゲットのチャンス

  9. 『スマブラSP』今作のCPUは過去最強!?あなたのCPUに対する評価はどれくらい?【アンケート】

  10. 『スマブラSP』に『ペルソナ5』のジョーカーが追加コンテンツとして参戦!【TGA 2018】

アクセスランキングをもっと見る