人生にゲームをプラスするメディア

アクティビジョン『トニーホークプロスケーター アンダーグラウンド』

アクティビジョンは『トニーホークプロスケーター アンダーグラウンド』を発表しました。これはタイトルからも分る様に正統なシリーズ続編ではなくストーリーモードをゲームの中心に位置付けてアクションアドベンチャー要素を盛り込んだものです。開発元はもちろんネバーソフトです。

任天堂 GC
アクティビジョンは『トニーホークプロスケーター アンダーグラウンド』を発表しました。これはタイトルからも分る様に正統なシリーズ続編ではなくストーリーモードをゲームの中心に位置付けてアクションアドベンチャー要素を盛り込んだものです。開発元はもちろんネバーソフトです。

ストーリーモードはアクションアドベンチャーゲームに近いものになり、場所によってはボードから降りて近くにある自動車を拝借して先に進むなんて所もあるそうです。しかし詳しい事はまだわかりません。

スケートボード施設の「スケートパーク」を作成できるモードも拡充されて更に自由にコースを設計できるようになりました。加えてアイテムを置く位置や、挑戦する時間帯なども自由に設定できるようになったそうです。

発売は2003年10月に北米予定です。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

    【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  2. 『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

    『アーケードアーカイブス』シリーズ・ハムスターブースでは80~90年代の懐かしのタイトルがプレイ可能─多彩なステージイベントも【TGS2018】

  3. SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

    SNK旧作導入、彩京参入、そして『イメージファイト』!――ハムスター、『アーケードアーカイブス』シリーズ新作を14+2タイトル発表【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』「つぶあん vs こしあん」フェスで勝ったのは“こしあん”!

  5. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  6. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  7. まだ遅くない!今から始める『スプラトゥーン2』初心者にオススメのブキ10選【特集】

  8. 任天堂のゲームのトラウマ10選 ─ 思い出すだけで恐怖が蘇る!?

  9. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る