人生にゲームをプラスするメディア

GBAとスロットルレーシングゲームが連動

任天堂ブースの一角ではドイツのCarrera社が開発した「Virtureal Racing Syetem」というものも展示されていたそうです。これはGBAと連動させたスロットルレーシングゲームで、GBA用のソフトウェア「PowerSlide」と、スロットルレーシングのサーキット部分に取り付けるGBA用インターフェースの「Motor Driver」で構成されている。

任天堂 その他
任天堂ブースの一角ではドイツのCarrera社が開発した「Virtureal Racing Syetem」というものも展示されていたそうです。これはGBAと連動させたスロットルレーシングゲームで、GBA用のソフトウェア「PowerSlide」と、スロットルレーシングのサーキット部分に取り付けるGBA用インターフェースの「Motor Driver」で構成されている。

GBAのボタンではオン・オフしか計測できないため、強さなどは長い間押して表現することになる。また、例えば一周のラップタイムを計測して、これまでの最高記録や平均ラップを記録したり、これまでは微妙な指先の感覚に頼ってきたスロットルの開け具合なども視覚的に確認することができるそうです。それから、クラッシュなども計測してレースに影響を与えていくようにも出来るそうです。その他、ゴーストを記録しておいたり、2台以上のGBAを接続して対戦をする事ももちろん可能です。んでGBAソフト単体でも遊べるみたいです。

GBAソフトにはピットワークの手順も含まれていて、実際のレースさながらの演出が楽しめる。高速のミニカーを上手く操作するのは時間が掛かりそうとのことだが、GBAと連動することによってスロットルレーシングに新しい面白さが加わりそうです。

同社のサイトには「Carrera meets Nintendo」とあるのでもしかしたら任天堂も開発に関わっているのかもしれません。
《土本学》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

    『スプラトゥーン3』のワイパーは弱ブキじゃない?有名プレイヤーたちが虜になる理由

  2. 『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

    『スプラトゥーン3』特定条件で「キンメダイ美術館」の塗り面積が不平等に―「スタートダッシュ杯」の使用ステージからも除外

  3. 『モンハンライズ:サンブレイク』新イベクエ「爆炎豪水」配信!ガランゴルム1頭狩り…と思いきや?

    『モンハンライズ:サンブレイク』新イベクエ「爆炎豪水」配信!ガランゴルム1頭狩り…と思いきや?

  4. 『スプラトゥーン3』ジャイロ操作に違和感があったら、「補正」を試して!知っておきたい2つの方法

  5. 『モンハンライズ:サンブレイク』ジェスチャーの連続入力に制限―通信時にロビーへ大きな負荷がかかると判明

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』ついに「ヨモギ」「カゲロウ」の過去が明らかに!壮絶な過去、そしてヨモギの正体とは?

  7. 『モンハンライズ:サンブレイク』アプデで、フゲンが使う環境生物の当たり判定に修正―里長がついに脱“カエル初心者”へ

  8. 「Nintendo Live 2022」音楽ライブ“『あつ森』&『スプラ3』”は誰でも楽しめる!最終公演のみライブ配信を実施

  9. 山田涼介や関優太も『スプラトゥーン3』に熱中!バンカラ街で悪戦苦闘するFPSの猛者たち

  10. 『超探偵事件簿 レインコード』小高和剛氏インタビュー!新作のこだわり&Zにはならない?CERO設定…『トライブナイン』制作状況や『ダンガンロンパ』続編の話も

アクセスランキングをもっと見る