人生にゲームをプラスするメディア

Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート

ゲームビジネス その他

Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
  • Spike-Xbox360 New Year Party 2009レポート
スパイクは1月31日、Xbox360向けの新作発表会「Spike-Xbox360 New Year Party2009」を開催しました。約70名の一般プレイヤーのほか、ゲストとしてお笑いコンビの東京03やアイドルの高木梓さんも参加したにぎやかなものになりました。

スパイクの代表取締役社長である櫻井光俊氏。乾杯でイベントを開始した


まずは、代表取締役社長の櫻井光俊氏があいさつ。「大きなタイトルが2つあります。1つは『Midnight Club: Los Angeles』です。スパイクとロックスター・ゲームズが提携して出す初めてのタイトルです。あとは『侍道3』があります。これまでスパイクは洋ゲーが多かったのですが、侍道3は初めて国内で開発をしました。これ以外にもXbox360向けタイトルをたくさん出しますのでよろしくお願いします」としました。

『侍道3』を紹介するマーケティング部の中村友氏


2月26日発売の『侍道3』を紹介したのがマーケティング部の中村友氏です。「戦国時代が体験できるアクションアドベンチャー」ということで、大名家、野武士、農民の3つの勢力にどう関わっていくのかによりゲームを進めていきます。特徴的なのは、「いつでも抜刀いつでも土下座」というシステムです。敵に出くわしたときに、抜刀して戦いを挑むこともできますが、土下座をして戦いが回避できます。

戦闘は、刀はもちろんのこと、二刀流や武器を持たずに素手でも行えます。戦闘アイテムは刀とやりを合わせて合計102個です。パーツを集めてオリジナルの武器を作ったり、ダウンロードコンテンツにより増やせます。

ほかには、「伴侶システム」があります。プレイを手助けしてくれる女性を付けられるというもので、戦闘、体力回復、お店での値切りなどを手助けしてくれるさまざまなタイプの伴侶がいます。伴侶システムでは、伴侶の好感度を上げると自宅に同居するようになりますが、冒険中にほかの伴侶を見つけ自宅に連れて帰ると「修羅場」というイベントが発生。このときも、抜刀か土下座が選べます。

Midnight Club: Los Angeles』や『NBA 2K9』、『NHL 2K9』などを紹介するプロデュース部海外グループのプロデューサーである飯塚康弘氏


『Midnight Club: Los Angeles』を「ロサンゼルスを完全に再現しおり、公道でのレースが体験できるゲームです」と紹介したのは、プロデュース部海外グループのプロデューサーである飯塚康弘氏です。「ロックスターさんが作ったレースゲームってどうなんだろうと興味がありましたが、レースゲームに新たなジャンルができたという印象を受けました」と自信たっぷりです。

『Midnight Club: Los Angeles』には、日本メーカーでは、日産自動車、三菱自動車、マツダ、カワサキ、海外では、ランボルギーニ、メルセデス・ベンツなど実在する自動車が40台程度揃っています。「ロサンゼルスで走るというのはなかなか経験できませんが、かっこいい自動車に乗るともっと楽しめると思います」とアピールしました。

これらの自動車は幅広いカスタマイズができ、ブレーキやタイヤなどの部品も実名で登場します。パーツだけではなく、デザインの変更も自由度が高いのが特徴です。ボンネットやバンパーはもちろんのこと、ハンドルやシートなどの内装など細かいカスタマイズも楽しめます。さらに、ボディーに絵が描け、オンラインにアップロードしますと、世界中から評価を受けたり、売買ができるようになります。

『Midnight Club: Los Angeles』の発売は2月5日。ダウンロードコンテンツの配信が決定していますが、詳細は近日中に発表するということです。

3月26日発売のバスケットボールゲーム『NBA 2K9』と、春に発売予定のアイスホッケーゲーム『NHL 2K9』は、新しいレーベル「スパイクワールドメジャーセレクション」として販売することを発表しました。これは「リーズナブルな値段で海外の良作をスケジュール重視でリリースする」というレーベルで、『NHL 2K9』と『NBA 2K9』は、その第1弾として発売するタイトルとなります。

侍道03をプレイする豊本さんゲームの初期設定でプレイヤーキャラに「飛んできた矢」や「刺さった矢」が装備できる。これによりオープニングが変わったりする


ゲストの東京03と高木梓さんは、『侍道3』と『Midnight Club: Los Angeles』のデモプレイを行いました。東京03の豊本さんと高木さんは、Xbox360のヘビープレイヤーとのことです。高木さんは、「『Halo3』で豊本さんとオンライン対戦を共同プレイで進めています」ということです。

『Midnight Club: Los Angeles』をプレイする高木さん衝突して走行不能になった


高木さんは、『侍道3』について刀で敵を切っていくアクションを「すごい爽快」、『Midnight Club: Los Angeles』について豊本さんは「リアリティがあるのでスピードを出したときにちょっと怖いというか、高揚感がありますね」と感想を述べていました。

左から東京03の豊本明長さん、飯塚悟志さん、角田晃広さん、アイドルの高木梓さん
《安達崇徳》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

    【CEDEC 2016】『ドラクエ』30年の歴史、そして堀井雄二が語るゲームデザイナーに必要な3つの資質とは

  2. カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

    カプコン川田Pと松江氏が明かす『バイオハザード アンブレラコア』のしくじり―反省から学ぶゲーム開発

  3. 【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

    【レポート】『ガンダムVR』で感じた恐怖と興奮…ガンダムの手に乗り、ザクに襲われる

  4. アクレイムが復活?

  5. 第3回「DMM GAMES カンファレンス 2016」開催、前年度実績や今期戦略が明らかに

  6. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  7. 開発チームも一度死んで強くなる『ドラゴンボールオンライン』(2)

  8. コンソールからモバイルまでサウンドデザイナーを強力に支援する統合環境「Wwise」 豪華ゲストが登壇するイベントも開催

  9. 【レポート】VR空間を自分の足で移動するリアルFPS「ZERO LATENCY VR」ジョイポリスに誕生!そう、これがやりたかったんだよ…

  10. 【台北ゲームショウ2016】「ブラウザゲームはまだ終わっていない」日本のプラットフォーマーが世界に挑むーDMM.com林氏独占インタビュー

アクセスランキングをもっと見る

page top