人生にゲームをプラスするメディア

「ブランド・ジャパン2005」で任天堂が20位に

ゲームビジネス その他

日経BPコンサルティングが22日に発表した、一般消費者とビジネスパーソンの合計3万7000人へのアンケート調査から国内で使用されている1500のブランドを評価した「ブランド・ジャパン2005」によれば、任天堂はビジネスパーソンの選ぶ20位となりました。

一般消費者部門では企業名・商品名の1000ブランドを対象に調査を行い、トップは「SONY ソニー」、次いで「STUDIO GHIBLI スタジオジブリ」、「Disney ディズニー」となりました。ビジネスパーソン部門では企業名の500ブランドを対象にトップは「TOYOTA トヨタ自動車」、次いで「HONDA ホンダ」、「SONY ソニー」となりました。

任天堂はビジネスパーソン部門の20位でしたが、昨年16位から4位順位を下げています。総合力偏差値は68.9点(昨年は71.0点)でした。
《土本学》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

    美少女に応援&罵倒されながらダイエットできるVRゲーム、Steamに登場!

  2. 【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

    【レポート】未来のゲームクリエイターがApple Ginzaに大集合!Kids Developer Pitch Winter 2017

  3. VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

    VR施設「VR PRAK TOKYO」渋谷にオープン!6タイトルを70分遊び放題で3300円

  4. 自分のファンを大事にしたゲーム開発で劇的な広告収益を実現・・・『俺の農園と弁当屋』のAlchemister

  5. 「LINE」の四半期売上高は約58億円、前四半期と較べて92%の大幅な伸び

  6. ゲームで使うためのスクリプト言語開発とは〜 IGDA日本SIG-GTレポート

  7. 『ゼルダの伝説 夢をみる島』のコホリント島を3D化

  8. グラビアアイドル×VR=けしからん!パノラマ動画「VRガール」公開

  9. 【インタビュー】「E3」主催ESA代表が語る今年の「E3」とゲーム業界…展示会でもありエコシステム

  10. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

アクセスランキングをもっと見る