人生にゲームをプラスするメディア

ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選

2021年もあとわずかになってまいりました。今年もゲーム業界では様々な出来事がありました。『ウマ娘』の大ブーム、『スマブラSP』に最後の参戦ファイターなどなど、特に印象深かった10個のニュースを振り返ってみます。

その他 特集
ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選
  • ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選
  • ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選
  • ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選
  • ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選
  • ウマ娘一大ブーム、スマブラにはソラ参戦! 2021年ゲーマー事件簿10選

2021年もあとわずかになって参りました。コロナ禍の中、家の中で過ごすことが多い日々でしたが、その分ゲームを遊ぶ機会もたくさんあったかもしれません。ゲーム業界では今年もアッと驚く新作の登場に、根強く人気の定番作品、新型ハードにeスポーツと、たくさんの出来事がありました。そんなニュースの中から、特に印象深かった10個を選んで振り返ってみます。

■『ウマ娘』が3年の時を経てリリース 一大ブーム到来

ウマ娘 プリティーダービー』が2月24日にリリース。事前予約が開始されたのは、なんと2018年3月。同年12月に、「さらなるクオリティアップ」を目指すとして配信延期を決定。事前予約から実に3年の時を経てようやくのリリース。さらなるクオリティアップは伊達ではなく、あれよあれよという間に競馬界をも巻き込む一大ブーム到来。10月には1,100万ダウンロードを達成し、2021年スマホゲーム市場のトップを独走しました。


■今度のモンハンは跳びまわる 『モンハンライズ』発売!

『モンスターハンターライズ:サンブレイク』ティザー映像2

カプコンが誇る大人気ハンティングアクション、『モンスターハンター』シリーズ最新作、『モンスターハンターライズ』がニンテンドースイッチ向けに3月26日発売。“翔蟲”(かけりむし)を使った新アクションで、今作はハンター達が跳びまわる爽快アクションに。発売後もアップデートを重ねて、1年間狩りつくしていたハンターも少なくないようです。来年は大型拡張コンテンツ『モンスターハンターライズ:サンブレイク』も予定されていて、まだまだ盛り上がりは尽きません。

■ポケモンがMOBAに!? 『ポケモンユナイトリリース』 

【公式】『Pokémon UNITE(ポケモンユナイト)』グローバルローンチトレーラー

ポケモンが5対5で戦うチーム戦略バトルになった『ポケモンユナイト』が7月21日に配信されました。このチーム戦略バトルというのは、“Multiplayer Online Battle Arena”略して“MOBA”と呼ばれ、日本ではそれほど有名ではありませんが、世界的にはeスポーツの一大ジャンルとされています。ポケモンがMOBAに進出したことで世界的な盛り上がりはもちろんのこと、日本でも初めてMOBAに触れるプレイヤーを増やしました。

■『リングフィット』RTA 熱狂の17分間

リングフィットアドベンチャー - RTA in Japan Summer 2021

8月11日から15日に開催された、オンラインゲームイベント『RTA in Japan Summer 2021』。フィナーレを飾ったえぬわた氏による、『リングフィットアドベンチャー』が最大接続者数18万人を超えて大きな話題になりました。えぬわた氏は全ステージクリアのRTAで“28時間22分12秒”というとんでもない記録を持っている人物。これ、つまり28時間不眠不休で筋トレし続ける剛の者ということです。スポーツ以上に過酷に体を使うeスポーツというもはやよくわからない様相を呈しています。『RTA in Japan Summer 2021』では、ワールド1を自身の持つ世界記録に迫る17分ちょうどで走り切り、観客は熱狂に包まれました。

■ゲーム音楽界の巨匠 すぎやまこういち氏ご逝去

ドラクエ・パラダイスより

スクウェア・エニックスの国民的人気RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの音楽を第1作目から手がけている音楽家すぎやまこういち氏が、9月30日、敗血症性ショックのためご逝去されました。享年90歳でした。12月11日には、すぎやま氏を偲ぶ「おわかれ会」が東京、築地本願寺で執り行われ、『ドラゴンクエスト』の生みの親と言われる堀井雄二氏が弔辞を読みました。すぎやま氏は生前『ドラゴンクエスト』シリーズ最新作となる『ドラゴンクエストXII 選ばれし運命の炎』の音楽を作曲し、これが最後の仕事になったということです。

■米は力だ! 『サクナヒメ』日本ゲーム大賞優秀賞受賞

Nintendo Switch&PS4『天穂のサクナヒメ』ローンチトレーラー

2020年にマーベラスから発売された『天穂のサクナヒメ』。緻密すぎる米作りが話題となり、2021年も快進撃を続けました。6月には全世界100万本突破。本作は同人サークルえーでるわいす開発によるインディーゲームで、当初の目的は3万本。それがよもやの100万本達成。快挙と呼ぶにふさわしい数字をたたき出しました。9月には、農林水産省がTwitterにて「米の栽培方法」というページのアクセスが増えていることを明かしました。これは農林水産省公式サイトのこども向けページで、サクナヒメが発売された2020年11月から増加したとのことです。みんな、ゲームを遊ぶために米の作り方を調べたんです、大真面目にですよ。そして10月にはとうとう日本ゲーム大賞の優秀賞に選ばれます。

■転売屋対策も激化 品薄が続くPS5

PlayStation®5 | Play Has No Limitsより

世界的な半導体不足の影響もあってか、PS5は常に品薄でなかなか手に入らない状態が続きました。品薄の本体をめぐってはゲームユーザーはもちろんのこと、店舗から購入したものを定価より高い価格で売りさばく、いわゆる“転売屋”も多くあらわれました。ゲーム販売店では抽選販売や、電話での在庫確認に応じないなどの転売屋対策が行われるようになり、家電量販店のノジマが、購入の際に油性マジックで名前を記入させることで転売商品としての価値を下げる施策を行い、話題となりました。

■ニンテンドースイッチ有機EL版発売

ニンテンドースイッチ公式サイトより

ニンテンドースイッチの有機ELモデルが10月8日に発売。有機ELが採用された画面は発色が美しく、サイズもわずかですが大きくなっています。保存容量が倍の64GBになり、スピーカーが改良され音がクリアに。背面部のスタンドは自由な角度で調節できるようになりました。こちらも品薄が続いていましたが、12月に入ってかなり供給が安定してきている模様です。クリスマスには何とか間に合い、全国のサンタさんもホッとしたところでしょう。お年玉を握りしめた子供たちも、買えるとよいですね。

■『あつ森』大型アップデートと『ハッピーホームパラダイス』

あつまれ どうぶつの森 Direct 2021.10.15

2020年の発売以来、アップデートを繰り返しながら根強い人気を保っている『あつまれ どうぶつの森』ですが、11月に大型無料アップデートと、家のコーディネートを主体とした追加コンテンツ『ハッピーホームパラダイス』が配信され、すでにプレイをやめてしまった人も再開するような大きな盛り上がりを作りました。かっぺいの離島ツアー、パニーの広場、喫茶ハトの巣、新しいDIYの料理などなど、想像を絶する大量コンテンツを追加。『ハッピーホームパラダイス』は、リゾート地でどうぶつ達の理想の家を作る仕事ができ、TwitterなどのSNSでは自慢のコーディネート写真であふれかえりました。

■スマブラ最後のチャレンジャーはまさかのソラだった!

【スマブラSP】ソラのつかいかた

2018年12月に発売されたニンテンドースイッチ用対戦アクションゲーム『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』、それからアップデートを繰り返し、3年の時を経て、ようやく最後のチャレンジャーが参戦しました。しかも最後の1人は特別中の特別、『キングダムハーツ』シリーズのソラでした。ソラは以前よりユーザーに参戦を熱望されていましたが、『キングダムハーツ』はスクウェア・エニックスの作品であると同時に、ディズニーのゲームでもあるため、“大人の事情”からその参戦は絶望的と考えられていました。最後にふさわしい飛び切りのサプライズで、世界中のユーザーが歓喜に震えました。

12月2日には最後のバランス調整がなされ、不具合などを除いて基本的に『スマブラSP』のアップデートがようやく終了したことになり、ディレクターの桜井政博氏には世界中から感謝の声が届きました。『スマブラSP』は任天堂の元社長であり、ハル研究所時代に桜井氏の上司でもあり、桜井氏とともに最初のスマブラを作った故岩田聡氏が桜井氏に残した最後のミッションだったと伝えられています。任天堂キャラクターはもちろん、古今東西名作ゲームの主役級キャラクターが集うまさにオールスターの『スマブラSP』。最後の“カギ”を持つソラが加わって、ミッションコンプリートとなりました。

2021年のゲームニュースの中でも特に印象深かった10個を振り返ってみました。いかがだったでしょうか。2022年も、またたくさんの面白いゲームがでて、楽しませてくれることに期待したいと思います。


《田下広夢》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『ポケモン ダイパリメイク』白上フブキさんが偉業達成!四天王~チャンピオン戦を「金コイキングのみ」で制す

    『ポケモン ダイパリメイク』白上フブキさんが偉業達成!四天王~チャンピオン戦を「金コイキングのみ」で制す

  2. 『ポケカ』25周年記念ゴールデンボックス、定価で確実に入手可能!待望の受注生産が受付スタート

    『ポケカ』25周年記念ゴールデンボックス、定価で確実に入手可能!待望の受注生産が受付スタート

  3. 【コスプレ】『シャニマス』月岡恋鐘「あっと言う間に1番になるけん」 注目レイヤー・てぃか【写真7枚】

    【コスプレ】『シャニマス』月岡恋鐘「あっと言う間に1番になるけん」 注目レイヤー・てぃか【写真7枚】

  4. Yostarが「葛葉」や「月ノ美兎」らを描く!にじさんじ4周年企画で「記念イラスト」公開

  5. 【コスプレ】責任とる、よろし! 美少女レイヤー・夏帆が魅せる『らんま1/2』シャンプーの愛らしさ【写真17枚】

  6. 【コスプレ】『その着せ替え人形は恋をする』マジで雫たんすぎる可愛さ!人気レイヤー・ありさ【写真14枚】

  7. 【抽選販売】『ポケカ』新商品「バトルリージョン」&「スターターセット VSTAR ルカリオ/ダークライ」がポケセンオンラインに登場

  8. ウマ娘たちのカード付き食玩「ウマ娘 ツインウエハース」本日1月24日発売!勝負服やサポカなど全28種

  9. 「鬼滅の刃」「ウマ娘」「東リベ」…21年アニメ主題歌で、一番歌われたのは?カラオケ“DAM”ランキング発表

アクセスランキングをもっと見る